ウクライナで仮想通貨課税の草案 5年間の税率を5%に引き下げ

マネーニュース
ウクライナの仮想通貨税金草案


ウクライナで、仮想通貨取引に係る課税する方法を定めた法律の草案が議会に提出された。これまでの18%から特別税率を適応する形で、最初の5年間は税率5%に引き下げる。
ウクライナのデジタル改革省は、仮想通貨取引に携わる者と国家のどちらにも利益があるようにすると語っている。

法案は、仮想通貨導入に際し、ウクライナの税法を調整することを主な目的としている。対象となる資産は、仮想通貨、トークン、その他の「デジタル形式で作成され、会計処理され、廃棄されることのできる特別な種類の財産」と定義される。

この草案によると、仮想通貨取引からの収入は、購入価格と売却時に受け取った金額の差が、売買や交換で得た利益として計算される。該当する収益は「その他の部類の収入」として分類され、損失額をバランスシート上で相殺して、合計収益額を減らすことはできないという。

業者による仮想通貨の販売については、付加価値税(VAT)は課税されない。
トークン化された資産は、仮想通貨等に関する今回の草案とはまた別の税法によって取り扱う予定だ。

最初の五年間は税率5

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました