中国のブロックチェーン特許出願数、米国の3倍に 日経新聞が一面で報道

マネーニュース
中国のブロックチェーンの特許出願18年急伸
09~18年春の統計において、中国企業からのブロックチェーン特許出願が米国の3倍に達している。日本経済新聞が1面で報じた。

知的財産データベースを運営する国内企業アスタミューゼがブロックチェーンの特許出願数を統計した結果、米中日韓独5カ国の企業が出願した累計の特許数は09~18年の間、約1万2千件だった。14年までは年100~200件台で推移したが、16年以降急増した。


国別で見れば、トップ2のブロックチェーン大国は米中両国だ。
中国は米国3倍の7600件、全体の6割としてリードしている。15年までは米国が一位だったが、その後中国に逆転されている。
日本は5ヶ国内の4位で、計380ほどに留まる。

企業別ランキング、アリババ首位
知財サービス会社「日本技術貿易」が、米特許情報会社イノグラフィーの特許データを使って企業別の出願ランキング(09~19年)を算出。中国のネット通販大手アリババグループが512件で首位に躍り出た。

2位はサトシ・ナカモトと語るクレイグ・ライト氏が主導するブロックチェーン企業nChain

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました