米PayPal社CEOが語る「仮想通貨リブラプロジェクト脱退の理由」 ビットコイン(BTC)の保有も明かす

マネーニュース
リブラプロジェクト脱退の理由

米決済大手PayPal社CEOのDan Schulman氏が、米フェイスブック社が主導する仮想通貨リブラのプロジェクトへの参加を見送った理由を語った。仮想通貨についてはビットコイン(BTC)のみ保有していることも明かした。

リブラプロジェクトへの参加を見送った企業は現在7社で、PayPal社は1番最初に運営組織「リブラ協会」への不参加を表明している。既存のビジネスに集中するとだけ説明し、その詳細は伝えられていなかったが、Schulman氏が先週、米メディアFortuneのオフィスを訪問した際にインタビューに応じた。

関連:米PayPal リブラプロジェクトから正式脱退

リブラの責任者David Marcus氏から初めて話を聞いた時、金融包摂への取り組みに惹かれたという。PayPal社も次世代のテクノロジーを開拓しており、様々な領域で効率性を向上させることができるブロックチェーンにも関心があったという。

そのため、当然リブラにも関心を持ったが、さらに深くブロックチェーンについて学ぶ必要があることに気づいたと語り、「リブラについて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました