米中ヘッドラインで日経平均乱高下、ビットコインは軟調続く|仮想通貨市況

マネーニュース




ビットコイン(BTC)市況



米中関係の悪化に伴い、日経平均株価が急落。8000〜8200ドル付近の狭いレンジ内で推移するビットコイン(BTC)は引き続き局面にある。









仮想通貨市況
日経平均株価は続落、前日比344.45円安の22,803円まで下落した。

香港情勢悪化に伴い、米国が関連法案で介入姿勢を強めるなどしたことで米中関係の緊張が高まった。

米議会上院は19日、香港での人権尊重や民主主義を支援する「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決した。これに対し、中国側が報復措置をちら付けせるなど猛反発しており、難航している米中通商交渉への悪影響が懸念されている。

当事国である香港株もハンセン指数が下落するなど、先行き不透明感を警戒する投資家の売りが広がった。

しかしその後、中国の劉鶴副首相が、第1段階の米中通商合意に「慎重ながらも楽観的」と言及したと伝わると、先物が急騰。中国発のヘッドライ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました