今回のBTC半減期は期待できない? 仮想通貨市場の過去パターンを繰り返さない理由=著名アナリスト

マネーニュース
BTC2020の半減期はこれまでと違うか

仮想通貨取引の著名アナリストWilly Wo氏は、2020年の半減期を迎えるビットコインの値動きはこれまでの半減期と異なり、過去のパターン(半減期へ向けた価格上昇)を繰り返さないとする見解を示した。


半減期とは
仮想通貨の「マイニング(採掘)」という仕組みを維持するために、マイナーがブロックを生成する度にマイナーに支払われるマイニング報酬が、半分になるイベントのこと。ビットコインではこのイベントは約4年に1度発生し、誕生当時の2009年は50BTCの報酬が支払われていたが、現在は2回の半減期を経て、当初の4分の1である12.5BTCが支払われている。
CoinPost:仮想通貨用語集



半減期に伴う供給量の減少から、価格上昇パターンが確認されている「半減期」。現在180日後に控えるBTC市場についても、複数のアナリストやトレーダーらが、上昇トレンドに影響するとの指摘を行なっている。


今回この半減期への影響が出ないと考えるWo氏は、短・中期的なビットコイントレンドを分析。「短期は弱気相場が続く可能性が高く

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました