クリプト業界内でのアジア地域の影響力

マネーニュース
先月10月に、中国政府が国策としてブロックチェーンを推進していく方針を正式に発表しました。これにより、中国ではすでに活発に企業の買収や政策の決定などが進んでおり、ブロックチェーンの開発や投資、ビジネス利用が加速しつつあります。

今回は「仮想通貨の世界の中で中国を始めとしたアジア勢はどれくらいの影響力を持っているのか」というテーマについて、CoinGeckoの共同創業者のBobby Ongが先日「Invest: Asia 019」においてキーノートスピーチで発表をした内容を中心に、アジアのマイニング、ステーキング、取引、プロトコル開発動向についてデータを基に紹介します。


1.ビットコインマイニングプールの80%は中国勢



2014年には主要マイニングプールの内、アジアのプールはDiscus Fish(F2Pool)の一社のみしか存在しませんでした。

それから5年後の2019年現在、マイニングプールの市場環境は劇的に変化し、ビットコインのハッシュレートの内80%は中国のプールに占められるまでに至っています。
こちらのチャートは2019年8月のマイニングプ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました