4.5億ドル消失の仮想通貨取引所、事件にロシア諜報機関が関与した可能性=BBCロシアの報道

リップル
ロシア政府が詐欺に関与かロシアの仮想通貨取引所『WEX』から消えた約480億円分の価値に及ぶ仮想通貨がロシアの諜報機関FSBに送られた可能性が浮上している。BBCロシアが報じた。仮想通貨取引所BTC-eの共同設立者Alexander Vinnik氏が、過去六年間に約480億円分のビットコインを盗んだとして、詐欺およびマネーロンダリングを行った容疑でカザフスタンの捜査当局に起訴されていた。喪失した資産の一部に該当する200万円分が、カザフスタン人の顧客によるものだったからだ。BBCの調査によれば、Vinnik氏を当局が捜査する中で、詐欺で失われたとされるWEXの顧客資産がFSBへと渡った可能性があがったという。具体的には、BBCが入手した音声ファイルによれば、事件の背後に前FSB職員Anton Nemkin氏、BTC-eの共同設立者 Aleksey Bilyuchenko氏、WEXの売却を指揮したKonstantin Malofeyev氏の存在があったとの疑念が差し込んでいたことが判明。BTC-eは2011年7月から2017年12月25日まで稼働していた仮想通貨の取引プラットフォームで、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました