仮想通貨リブラなど「管理主体があるステーブルコインは有価証券」 米両党議員が法案を提出

マネーニュース
リブラを有価証券とする法案提出

米下院金融サービス委員会に所属する議員が、フェイスブック社主導の仮想通貨リブラを初めとする「管理されたステーブルコイン」を、有価証券に分類する法案を提出したことが分かった。

本法案を提出したのは民主党Sylvia Garcia議員と共和党Lance Gooden議員の2名。フェイスブック社マーク・ザッカーバーグCEOが参加した10月の公聴会開催を要請したメンバーだ。


Gracia議員は、現在の法律で考えればリブラは明らかに有価証券であると説明。議会に明確に定義することを求めている。

法案の名前は「Managed Stablecoins are Securities Act of 2019」で、「2019年証券法」という表現が含まれている。法案の目的は、証券取引委員会(SEC)の管理の下、リブラを初めとする特定の仮想通貨から消費者を保護することだ。法律として制定されれば、より厳しい監督が行われる。

一方でフェイスブック社は、リブラが有価証券に分類されるという考えを否定している。フェイスブック社のリブラ責任者David Mar

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました