仮想通貨詐欺の傾向を探る セキュリティ研究者がレポートを公開

マネーニュース
仮想通貨詐欺の傾向

イーサリアムウォレット「MyCrypto」のセキュリティ研究者 Harry Denley氏は、仮想通貨詐欺と繋がっていると判断されたリンクへのクリックを分析し、その手口と詐欺被害者の傾向を調査したレポートを公開した。


Denley氏は、詐欺被害者や他の研究者からの情報提供を基に、仮想通貨詐欺コンテンツへとユーザーを誘導してきた、URLを2018年6月から追跡し続けている。追跡した詐欺サイトへのリンクは短縮URLサービスBitlyを利用して作成されており、Bitlyはリンクをリダイレクトするとともに、クリックに関するデータを収集しているため、そのデータ分析も可能だ。

Denley氏は、Dune Analytics社提供のイーサリアムデータ分析ツールを利用して、11万8302のクリックデータを分析、潜在的な被害地域や詐欺の手口などを明らかにした。

まず、国別に見たクリック数の割合は、次のような結果となった。


ナイジェリア— 14%
インドネシア— 11%
米国— 9%

ベトナム— 8%


出典

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました