米グレースケール、「大口仮想通貨投信」 OTC取引を予定

マネーニュース
Grayscaleの投資信託、新プラットフォームで取引可能に

米大手仮想通貨ファンドのグレースケールは同社の「大口仮想通貨投信」のOTC取引を予定している。OTC取引のプラットフォームであるOTCQX Best Marketで取引可能になるという。具体的な予定日は公表されていない。

GDLCF(Grayscale Digital Large Cap Fund)と呼ばれ、BTC・ETH・XRP・BCH・LTCのバスケット型投資となっている。米国で初めて公開された仮想通貨バスケット型証券である。


2018年にローンチされた同商品はオープンエンド型ファンドで、2019年10月31日地点では、同商品はビットコイン(80.6%)、イーサリアム(9.2%)、XRP(6.0%)、BCH(2.5%)、ライトコイン(1.7%)との割合で構成されている。

オープンエンド型投資信託は、いつでも自由に換金することができる投資信託のことを指す。


Grayscaleの直近動向

最近、GrayscaleはSECに対してフォーム10の申請を行っている。この申請が許可された場

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました