BTCアドレスの取得価格から見る重要ライン 現在含み益の比率は?=仮想通貨分析企業

マネーニュース
ビットコインアドレスの取得から見る重要ライン

ビットコイン(BTC)が下落し、半年ぶりの安値を付けているが、仮想通貨データを分析提供するIntoTheBlock社によると、急激な落ち込み・下落傾向にもかかわらず、ビットコインアドレスの54%である1531万件は依然として「インザマネー(含み益)」の状態にあることが判明した。

仮想通貨の現価格が、最初に取得された、またはアドレスに送信された時の平均価格よりも高い場合、そのアドレスは「インザマネー」であると呼ばれる。つまり含み益を持つアドレスだ。

ビットコインの現在価格は7500ドル以下で取引されているが、半数以上の保有者がその価格より低い時点でビットコインを取得したことを示唆する。


出典:IntoTheBlock



チャートによると、900ドルから4180ドルの範囲でビットコインを購入・入手した「インザマネー」アドレスは最も多い。次に多いアドレスでは、平均価格4100ドル〜6600ドルの範囲にある。
損益の分岐ラインは、投資家心理に直結するため、把握して起きたいデータだ。

一方、現在「アウトオブ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました