JPモルガン、自動車ディーラー資金調達の管理ブロックチェーン技術の特許を出願

マネーニュース
JPモルガンの新たな特許

米メガバンクのJPモルガンは、貸借プロセスを効率化できる、分散型台帳ベースのフロアプラン資金調達の仕組みについて、特許を出願した。主に自動車業界の資金調達プロセスへ用いることを意図する。

米国では、自動車ディーラーが在庫を担保としてメーカーから車両を仕入れる「フロアプラン」というローンの調達方法が一般的である。しかし、ディーラーが販売台数を銀行に偽って報告することがあり、サプライチェーンにとっては問題となってきた。

これを防ぐために現在、監査人がディーラーの敷地を実際に訪問して、車両に関する情報を収集し、融資対象の在庫が実際にあることを確認している。この作業には多くの資金や時間が費やされてきた。今回出願されたブロックチェーンによるシステムは、こうした作業を代替できるものになる見込みだ。

GPS情報もリアルタイム追跡

JPモルガンの新しい仕組みにおいては、すべての自動車がブロックチェーン上に登録され、あらゆる貸し手、ディーラー、自動車メーカーがGPS位置などリアルタイム情報にアクセスできるようになる。

アメリカでは、すべての自

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました