アリババの映画製作会社、配信権利をトークン化する

マネーニュース
アリババ、映画海外配信にブロックチェーン技術活用へ

中国大手アリババグループの子会社であり映画製作を行うアリババピクチャーズが、リリースを控える新作映画「Striding into the Wind」の配信権利のトークン化を計画している。中国メディア「中国網」が報じている。

同社はニューヨークに拠点を置く分散型エンターテイメントプラットフォームとして知られるBreaker(旧SingularDTV)と契約を結び、イーサリアムベースのブロックチェーン技術を活用した海外向けの配信を行う計画だ。

アリババ・ピクチャーズのシニア・バイスプレジデントとアリババの発券アプリTaopiaopiaoのCEOを務めるLi Jie氏は、今月20日に開催された中国の著名映画祭「金鶏百花映画奨」にて計画を発表したという。

同氏によれば、現在、映画業界においてブロックチェーン技術をそのビジネスモデルに取り込む動きがあるとし、頻繁にブロックチェーン技術の可能性に関する議論が交わされているという。アリババ・ピクチャーズにとっても同様で、同技術の積極的な導入を図っていると説明した。

ブロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました