世界最大手の運用会社のフィデリティ、投資も通じて暗号通貨関連のインフラを準備

リップル
フィデリティ(Fidelity)は、世界最大手の一つに数えられ、歴史を誇る独立系の投資信託の販売・運用会社です。1946年にエドワード・C・ジョンソン2世が米国のボストンに資産運用会社を創設したことによってスタートし、それから半世紀以上にわたり、世界の主要なマーケットにおいて、個人投資家から機関投資家まで、幅広いニーズに対応した資産運用サービスを提供しています。また、創業以来、経営の独立性を大切にするために株式を公開せず、顧客(受益者)のために働く「顧客第一主義」を貫き、長期ビジョンに基づいた経営が行えるプライベートカンパニーにこだわっています。同社の名前である「Fidelity」は、忠誠を意味します。ミューチュアル・ファンドだけで300以上の基金を持ち、2,500万人以上の投資家との取引があり運用資産額は2016年現在で2.1兆ドル(約230兆円)とされています。暗号通貨関連のサービスを全機関投資家向けに開放フィデリティは2018年にFidelity Digital Asset Services(FDAS)という新会社を立ち上げて、暗号通貨に取り組むことを発表しました。トレードサービ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました