スウェーデン、デジタル通貨「イークローナ」の実験プロジェクト──アクセンチュアと提携

リップル
スウェーデンの中央銀行「スウェーデン国立銀行」はアクセンチュアと提携して、デジタル通貨「イークローナ(e-krona)」の実験プロジェクトを実施する。同行が12月13日(現地時間)、プレスリリースで発表した。キャッシュレス化が進むスウェーデンアクセンチュアは幅広いモバイル・プラットフォームでの用途など、イークローナ(e-krona)の消費者向け機能を構築し、「模擬店舗」を使ったテスト環境で運用する。テストは1年間の予定だが、スウェーデン国立銀行(Riksbank)はテストは最大7年間行われると述べた。スウェーデン国立銀行は現時点では、イークローナの発行を決定したわけではない。とはいえ、今回の取り組みは同国で待望されているイークローナを現実に近づけるものだ。今回のプロジェクトは、同国において現金の使用が減少していることを反映している。スウェーデンではキャッスレス化が進み、カナダ銀行の副総裁ティモシー・レーン(Timothy Lane)氏は物理的なクローナは使われなくなっていると述べた。「(スウェーデンでは)実際に転換点を迎えつつある」とレーン氏は11月に開かれたフィラデルフィア連邦銀行の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました