ErisX、ビットコイン現物決済先物を正式ローンチ アルト先物の実現は持ち越しか

リップル
ErisXのBTC先物ナスダックやマネックスも出資した米仮想通貨取引所ErisXは正式にビットコインの現物決済先物取引を公開した。ブローカーなどを介す取引は2020年に開始するという。ErisXは19年10月、BTC・ETH・LTC・BCHの四銘柄に対応した先物取引をローンチする方針を示していたが、今回正式ローンチに至ったのはBTCのみとなった。明確な理由は明らかになっていないが、CFTCからアルトコインの現物決済先物に対する認可を得られなかった可能性がある。差金決済の先物では、米CMEが20年にイーサリアムの先物を取り扱う可能性を示唆しているが、ErisXはアルトコイン現物決済先物の実現で注目されていた事例であったが、アルト先物の実現は持ち越しとなった格好だ。新着速報ニュース・ErisX、ビットコイン現物決済先物を正式ローンチ アルト先物の実現は持ち越しか・マネーグラム、ODLの実績語る 「仮想通貨XRP保有」は規制がネックにErisX先物の詳細ErisXが公開したビットコイン先物の詳細は以下の通りだ。  契約シンボル:BTC上場取引所:ErisX契約のサイズ:0.1 BTC契約期限

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました