個人投資家の爆発、ビットコイン半減期がきっかけになるか?グーグル・トレンドはポジティブ

リップル
ニュースビットコインの個人投資家は、2020年のビットコイン半減期に注目しているようだ。来年の半減期はすでに織り込まれているとみる専門家もいる中、個人投資家の半減期に対する期待は高まっている。グーグル・トレンドによると、世界的に「ビットコインの半減期(Bitcoin Halving)」の検索数は今年に入って急激に増加している。過去5年間でみても、半減期に対する興味関心が高まっているのは明白だ。2016年は前回の半減期があった年だ。(出典:グーグル・トレンド「『ビットコイン半減期』検索数の推移(世界)」)半減期では、ブロックを作成するマイナーに対する報酬が半減される。ビットコインのマイナーへの報酬は1ブロックあたり50BTCで始まり、これまで2回半減が行われた。次の半減期は来年の5月と推定されており、需給の関係が変わることから、価格にポジティブ材料とみるアナリストもいる。一方、今回の半減期効果はすでに織り込まれている見方も出ていた。グーグル・トレンドの関心の高まりを受けて、アダマント・キャピタルの創業パートナーであるトゥア・デミースター氏は、来年の半減期が未だに強気材料となり得るという見

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました