仮想通貨取引所バイナンス、弁護士求人で「日本市場」再進出の可能性

マネーニュース
バイナンスに日本再進出の可能性も
仮想通貨取引所世界最大手のバイナンスが、日本での弁護士資格を持つ人材を募集していたことがわかった。

ビジネス特化型SNSのリンクトインに2週間前に初掲載され、4日前に再度求人内容が掲載された。2~3年の実務経験を持つ若手の募集だが、英語に堪能なことはもとより、海外での法務教育や多国籍企業での経験が望ましいとされている。

バイナンスの法務部門で法律関係の調査をはじめ、覚書の起草や契約書の作成、法的書類の翻訳などの業務に携わることになるという。



日本での活動の経緯


2017年7月の創業後、約半年後には利用者数及び取扱通貨共に世界最大の取引所へと急成長したバイナンス。

当時香港に拠点を置き、日本支社設立にも意欲を見せていた同取引所だが、2018年3月23日、金融庁より無登録で日本での営業を行っていたとして改正資金決済法に基づく警告を受けた。

金融庁によると日本人の口座開設時に本人確認を怠り、匿名性の高い仮想通貨の扱いもあるため投資家保護の観点からの警告だったという。その後、バイナンス はホームページから日本

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました