我々はまだ、ビットコインの本当の取引高を知らない

リップル
取引高の95%はフェイク?取引高に関する疑惑は2019年、仮想通貨に関する大きなニュースの1つとなった。研究者の報告に続いて、米規制当局へのビットコインETFの申請がビットコインの取引高の95%が「フェイク」である可能性を指摘したためだ。その結果として、少なく見積もったとしてもビットコインの取引高はおそらくかなり小さなものとなり、実際の取引高はよく分からない状態となった。取引高に関する疑惑は、仮想通貨の新しい市場構造の生来の特徴と考えることができる。すなわち、●リクイディティ(流動性)は多くの競合する取引所に分割されている●取引手数料は他の資産カテゴリーに比べて比較的高い●取引所はデータを無料で提供している仮想通貨市場では、データは収入源ではなくマーケティングツール。一部の取引所はリクイディティを大きく見せるために、取引高を誇張していると見られていた。こうした現実と、ビットワイズ(BitWise)の2019年3月のビットコインETP申請のような研究者が提示したデータは、市場データ収集業者に取引高を調整させる事態を招いた。下のグラフは、そうしたデータ収集業者であるメッサーリ(Messar

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました