アジアの業界人による2020年の暗号通貨・ブロックチェーンの動向予想

リップル
2020年は引き続き中国の動きに注視ジャオ・チャンポン(CZ:Zhao Changpeng):Binance CEO・共同創業者2020年には世界中の多くの政府による暗号通貨の調査や試験が始まるでしょう。具体的にはステーブルコインや自主規制、複数国にまたがる規制規準です。それらの取り組みは個別には成功することも失敗することもあるはずですが、これら全体では暗号通貨のアダプションにポジティブな影響をもたらすことになるでしょう。市場の将来についてさまざまな観点があります。ビットコインは依然として小さい時価総額で高いボラティリティです。しかし技術的なファンダメンタルズに基づけば、5~10年の長期でインターネット以上に社会的に大きなインパクトをもたらすはずです。機関投資家の暗号通貨の関心は高まっており、彼らの多くは2020年のマーケットに強気なようです。アレキサンダー・パック(Alexander Pack): Dragonfly Capital 共同創業者兼パートナー(中国)習近平の発表により、中国ではブロックチェーンに向けた主要な戦略的再編が行われました。 10月24日は、暗号通貨・ブロックチ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました