NBA選手、チーム契約をトークン化 投資家は年利配当などを受領

マネーニュース
13日に発行か?

NBAのブルックリン・ネッツのプレイヤーであるSpencer Dinwiddie選手が、自身のセキュリティトークンを発行することをTwitter上で報告した。発行は現地時間13日の予定だがNBA側は法務面でレビュー中であり、予定通りに発行されない可能性もあるようだ。

「The Spencer Dinwiddie bond(Spencer Dinwiddie債)」と呼ばれるこのトークンは「Professional Athlete Investment Tokens(PAInT)」の一種であり彼のチームとの契約に裏打ちされている。

チームとの契約自体を証券化して、選手は割引された契約金を先に獲得できるほか、投資家は年間の配当や特典を得ることができる。パフォーマンスによるボーナスもあり、そこからも配当が得られる仕組みをトークン設計で提供するという。


The Spencer Dinwiddie bond launches January 13th. I’ll also be taking 8 fans to ASW with me. #NBAVote

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました