逆三尊成立でテクニカル的な買いが集まるか注目されるビットコイン|仮想通貨市況(タキオン)

マネーニュース
ビットコイン市況


テクニカル分析



※オレンジラインがインデックス価格とBitMEXのスポット価格の乖離差

年始からの短期の上昇トレンドによって、ビットコインは日足レベルでの逆三尊(インバースヘッドアンドショルダー)が成立して、教科書的な反転サインとなった。8500ドルまで急上昇は意識されやすいテクニカルサインが出たことにより、ショートカバーとともに現物の買い戻しが起こったと思われる。


この上昇の際にはデリバティブの価格と現物の価格の乖離が拡大しなかったことから、一過性のショートカバーだけではなく一定の資金流入があったようだ。8500は利確が入る水準ということもあり、一旦止められたといった様相だ。

ビットコインにおいてはトレンド転換点として意識されやすい100日移動平均線を価格が上抜けしたこと、一目均衡表の雲抜けも間近であることから中長期なトレンド転換も期待される状況だ。

一方で200日線はまだ下降しており、大きなレジスタンスラインとなると思われる9000ドルも控えており、急上昇するにはテクニカル的な要素だけでは不十分だ。
中長期的な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました