明日に迫る口頭弁論期日:仮想通貨XRPの有価証券問題 

マネーニュース
仮想通貨XRPの有価証券問題

XRPの有価証券問題を巡る米リップル社に対する集団訴訟が明日、一つの山場を迎える。 
2018年夏に始まったこの訴訟だが、数々の紆余曲折を経て、明日15日、米連邦裁判所法廷で口頭弁論が行われる予定だ。



これまでの経緯

2013年に米リップル社が仮想通貨XRPを一般投資家へ販売したことは「米証券法」に違反するとして、XRPを購入した投資家が2018年に同社を提訴したことが、この訴訟問題の発端である。 争点はXRPが有価証券に当たるかどうかであるため、「仮想通貨の有価証券性」そのものが問われており、仮想通貨業界全般への影響が大きいことからも注目されてきた。

2019年4月、SECは特定のトークンが有価証券に該当するか否かの判断基準を示すガイダンスを発表。 また、同年6月、この集団訴訟の新しい原告代表としてBradley Sostack氏が選出され、8月には、SECのガイダンスを引用した修正訴状が原告団から提出された。

この訴状では、リップル社がXRPへの需要を高めるために、企業としてのリップル社と仮想通貨XRPの区別を曖

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました