中国政府関係者向けの仮想通貨読本が増刷へ「デジタル通貨は歴史的に避けられない」

マネーニュース
政府関係者にとって重要なデジタル通貨ガイドブック
中国で、仮想通貨案内書「デジタル通貨:指導者のための読本」が、短期間で二版発行された。需要が高いことは、中国政府関係者による仮想通貨・暗号資産に対する関心継続を示唆している。


この案内書は、200ページあり、デジタル通貨(中国では「仮想通貨」という言葉が避けられ「デジタル通貨」という言葉で呼ばれることが多い)の基礎知識から、国際的な金融環境への影響まで、23本の記事から構成されている。
中国の通販サイトでは、「政府関係者にとって重要な学習参考資料」として売られており、記事の執筆者には、中国人民銀行の副総裁、中国の証券委員会のゼネラルマネージャー、および北京大学のデジタルファイナンスリサーチセンター長など、重要な地位に付く専門家の名前が並んでいる。
本の表紙には、「デジタル通貨は歴史的に避けられない」とある。
このガイドブックは、昨年11月に初版が発行され、わずか三カ月後に二版の印刷となったことから、仮想通貨知識への需要の高さが伺える。
尚、この本では特に新しい見解が発表されているわけではなく、役人が仮想通貨の概要を把

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました