110万BTC所有権裁判に進展、クレイグ・ライトに2月3日まで猶予

マネーニュース
マイニング報酬の所有権を巡る裁判に進展

仮想通貨ビットコイン(BTC)のマイニングをして得た報酬の所有権を巡り、クレイグ・ライト氏が敗訴した訴訟で進展がみられた。

本訴訟を新たに担当したBeth Bloom裁判官は、クレイグ氏に対し、所有するBTCの入手確認に2月3日までの猶予を与えた。



裁判の経緯

本訴訟では、ライト氏と故デイブ・クレイマン氏が、2009年から2011年の間に共同で行ったビットコインのマイニング報酬110万BTCの所有権が争われている。2013年に死亡したクレイマン氏の遺族は、マイニングを共同で行ったにも関わらず、全報酬をライト氏が着服したと訴えた。

関連:110万BTCの所有権巡る裁判、和解合意が決裂

約1年半に渡って行われた裁判は昨年8月、クレイマン氏側にマイニング報酬の50%を受け取る権利とビットコインに関するソフトウェアの知的財産権を認める判決が下され、ライト氏に報酬の支払いが命じられている。

その後、和解へと進んだが、ライト氏は和解金の調達ができなかったことを理由に支払いを行わなかった。報酬で得たビットコイン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました