ビットコイン、イランのミサイル攻撃後に2020年最高値を記録

リップル
ビットコイン価格は8438ドル(約92万円)に達して2020年最高値を記録し、その後少し値下がりした。時価総額で世界最大の仮想通貨であるビットコインの価格は2020年1月7日23時30分(協定世界時)、8080ドル(約88万円)から8400ドル(約91万円)超えへと強力な値上がり傾向を見せ始め、わずか40分強で8438ドル(約92万円)まで達した。2020年最高値へ向けた値動きは、イラクにあるアメリカと同盟国の基地にイランがミサイル攻撃を行い、トレーダーがよりリスクの高い資産から金や石油などの安全な避難先資産へと資金を再分配することを余儀なくされた後に起こった。仮想通貨取引企業デジタル・アセット・キャピタル・マネジメント(Digital Asset Capital Management)の取引担当責任者ジョシュア・グリーン(Jpshua Green)氏は、ビットコインの値上がりはイラクで発生している事態への反応であると指摘した。「原油と金も堅調に値上がりしています」とグリーン氏は述べた。CoinDesk BPISource: Bitcoin Price Index当記事執筆時

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました