ツイッターが投げ銭機能実装を検討か、仮想通貨を採用する可能性は

マネーニュース
ツイッターも仮想通貨投げ銭か

ツイッター社はツイートに投げ銭(チップ)を送信する機能の実装を検討しているようだ。テックニュースメディアのThe Informationが1月13日に報じた。




また、仮にチップ送信機能がツイッターに実装されたとしても、ビットコインなどの仮想通貨が必ずしも使われるとは限らない。

ツイッター社のジャック・ドーシーCEOはビットコインの熱烈な支持者として知られている。フェイスブックが独自通貨の「リブラ」開発を表明した際には、民間企業の独自通貨発行に否定的な意見を示しており、ビットコインこそがインターネットの独自通貨になると主張していた。

同じくドーシー氏がCEOを務める決済サービス会社スクエアの送金アプリ「Cash App」でもビットコインが販売されている。なおビットコインのユースケース拡大のための取り組みも進めている。




なぜ今、仮想通貨BTCに注力? ツイッターCEOが語る『非中央集権型社会と企業像』
ツイッター社CEOのDorsey氏が思い描く今後の世界に欠かせない『非中央集権型社会』。仮想通貨BTCの開発に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました