クレイグ・ライト氏、110万BTCの鍵を入手 裁判の提出書類で判明

マネーニュース
ライト氏が110万BTCの鍵を入手

仮想通貨ビットコイン(BTC)のマイニングで得た報酬の所有権を巡って行われている裁判で、問題となっているBTCにアクセスするための鍵を、クレイグ・ライト氏が入手できたと主張していることが分かった。


本内容は14日に提出された書面で明らかになっている。ライト氏側は、鍵とBTCにアクセスするために必要な情報を入手できたと申告。BTCを保有する1万6404アドレスのリストを原告であるクレイマン氏側に提供した。クレイマン氏の弁護人は、鍵を所有していた第三者に証言を求める意向だが、正体は明かさせていないと語っている。

出展:UNITED STATES DISTRICT COURT


本裁判では、ライト氏と故デイブ・クレイマン氏が、2009年から2011年の間に共同で行ったマイニングの報酬の所有権が争われている。報酬額は合計で110万BTCに上り、2013年に死亡したクレイマン氏の遺族は、共同でマイニングしたにも関わらず、全報酬をライト氏が着服したと訴訟を起こした。裁判所は昨年8月、ライト氏に対し、マイニング報酬の50%を支払うように命

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました