英行政機関の公式サイトで個人データ侵害問題=Brave調査報告書

マネーニュース
民間のデータ監視プログラムが地方自治体のサイトに

仮想通貨でトークン設計を行う次世代ブラウザBraveが最新のプライバシーに関する報告書を公開。イギリスのほぼ全ての地方自治体のウェブサイトに、民間企業によるデータ監視プログラムが埋めこまれている実態を報告した。

Braveは、「英国地方自治体サイトにおける監視」という調査結果を公開。98%もの地方自治体サイトが、サイト訪問者の行動について、民間データ企業による情報収集を許しているという。


イギリスの地方自治体は形態の違いはあるものの、日本の市役所/区役所が担う各種届出(婚姻届や出生届、死亡届等)の処理や、様々な公共サービスを提供しているため、そのウェブサイト上でも市民のプライバシーに関わる多くの情報がやり取りされる。

そのような個人情報が、民間データ企業のプログラムでサイト訪問者の合意なしに、いつの間にか、民間のデータ分析企業によって収集され利用されているということになる。

中でも、いくつかのサイトでは、本来なら最も高いプライバシー保護が提供されるべき、薬物/アルコール中毒や障害、貧困といった市民が抱

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました