BitMEX、仮想通貨XRP先物「フラッシュ・クラッシュ」損失分は補償せず|弁護士の見解と他事例

マネーニュース
BitMEXが対応方針を発表



世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは14日、XRP/USD取引の「フラッシュ・クラッシュ」が発生したことを受け、対応方針を発表した。

この件でポジションを強制決済(清算)された一部利用者からクレームが殺到。責任追求の声が高まっていた。

BitMEXは今回の件に関して、「一部トレーダーが行なっていた逆指値はインデックス価格でなく、実際のラスト取引価格で実施された」と説明。「調査の結果、システムやストップロスの仕組みに問題なかった」と続けた。
補償金などの救済手段に関しても、「取引のロールバックや、リファンドは行わない方針」と声明を発表している。


出典:BitMEX





弁護士の見解
仮想通貨界隈の著名弁護士Jake氏は、BitMEXの法的管轄に関して見解を語った。

BitMEXが米国の登録取引所なら、最低限でもCFTC(米商品先物取引委員会)は動くだろうが、今回のケースでは該当しないだろう。



BitMEXの利用者は米国や日本、アジア地域にも多いとされるが、BitMEXはこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました