コインベースProがNY州で複数の仮想通貨銘柄に追加対応 当局のホワイトリスト入りか

リップル
コインベース、NY州での新対応リスト米取引所コインベースProは、ニューヨーク州の利用者に向けて、複数銘柄の取引対応を新規追加した。これらの銘柄は以前よりNY州以外ではすでに対応していた。ZEC(ジーキャッシュ)USDC(ステーブルコイン)MANA(Decentraland)LOOM(Loom Network)GNT(Golem)CVC(Civic)上記銘柄はNY州で、板取引およびコインベースの販売所・ウォレット等すべてのサービスでも対応することになった。NY州以外の地域ではすでに取引に対応していたが、金融当局(NYDFS)がより厳格な規制を設けていたために、当初の取扱いは見送った。しかし、今回の追加対応はNYDFSの持ついわゆる「上場ホワイトリスト」に、上記の複数の銘柄が承認されたことを意味するかもしれない。昨年12月、NYDFSはアルトコインの上場を促進するために、仮想通貨事業許認可「ビットライセンス」の規定内容を大幅に変更することに動き出した。方策にある1つの事業者提案では、自己承認制度として「各ライセンス事業者(コインベースも)がそれぞれの運営モデル・リスクに沿った形で、具体的

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました