中央銀行デジタル通貨(CBDC)の信頼性高い、英シンクタンクOMFIF調査

リップル
英国にある独立系シンクタンクOMFIF(Official Monetary and Financial Institutions Forum)は2020年2月5日、「デジタル通貨:信頼の問題」と題する調査結果を公表しました。それによると、デジタル通貨を発行するための最も信頼できる機関は、中央銀行であることがユーザーの声として確認されました。デジタル通貨もいいが最も好ましいのは依然としてキャッシュOMFIFは英国の市場調査会社Ipsos MORIを通じて、デジタル通貨について先進国、発展途上国合わせて13カ国の1万3,000人余りを対象とした調査を実施。その結果、デジタル通貨の発行母体としては、中央銀行が最も信頼されており、次いで決済サービスプロバイダー、そして商業銀行、クレジットカード発行会社などの順であることが分かりました。OMFIFによると、先進国、発展途上国を問わず、最も人気のある決済手段は依然として現金でした。決済手段としての有用性を聞いたところ、望ましい5つの主要なキーワードである安全性、プライバシー、使いやすさ、スピード、受容性からして、最も好ましいのが現金、次いでクレジッ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました