リップル
 BinanceとWazirxインドの最高裁判所がRBIの禁止に関する決定について審議しているため、いくつかのインド企業は新しい提案を進めています。Binance がインドの暗号通貨取引所Wazirxを買収して以来、2つの取引所はサービスに関していくつかの発表を行っています。Wazirxのライブオープンオーダーブックシステムにより、ユーザーはビットコイン、ビットコインキャッシュ、BNB、ライトコイン、ダッシュを含む80以上のデジタル資産を取引できます。そのユーザーは、USDTからインドルピー(INR)を使用するピアツーピア(P2P)プラットフォームを介して、暗号通貨の入出金を行うことができます。月曜日に発表されたBinance:BinanceとWazirxの両方のインドのユーザーは、BinanceアカウントとWazirxアカウントを接続することで、即座に無料でUSDTを転送できます。Binanceは、ユーザーが「WazirxでP2Pを使用してINRでUSDTを購入し、Binanceで先物、マージンまたはスポットを取引できる」と付け加えました。BinanceとWazirxのP2

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました