仮想通貨ETHのASIC対策「ProgPoW」に反対声明 イーサリアムコミュニティが署名付き文書を公開

リップル
イーサリアムのコミュニティメンバーがProgPoWへの反対を表明イーサリアムコミュニティのメンバーは水曜日、ASIC耐性を備えたアルゴリズムへの移行案「ProgPoW」の実装に対するステークホルダーに異議を唱える内容の署名付き文書を公開した。ProgPoWの支持者はこの変更が、PoSへの移行に向けた数ヶ月の期間の間に、マイナー主導によるフォーク(分岐)が行われる事態を回避する手助けになると信じている。ProgPoWはGPUを使ったマイナーより、コンピュータの性能で優位に立つマイニングに特化した機器「ASIC」を抑制するための変更案だ。コミュニティメンバーによる嘆願書とその署名者のリストはGitHub上で公開された。嘆願書は以下のように述べている。イーサリアムはグローバルなプラットフォームで、巨大で多様なステークホルダーを持っている。その為、プロトコルへの大きな変更は明確な目的と広い支持を集めることが重要になる。EIP-1057(ProgPoW)は明らかに支持を欠いており、その実装は熟慮されるべきだ。嘆願書の署名者はUniswapのCEO Hayden Adams氏や、Truffle S

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました