恐怖指数が2年ぶりの高水準 仮想通貨ビットコインとの逆相関で再び警戒か

リップル
恐怖指数が2年ぶりの高水準 ビットコインとの逆相関で再び警戒か仮想通貨市場は28日、ビットコインの下落が一服。下落トレンドへの転換を警戒して売りが走ったアルトコイン市場でも一部買い戻しに動いた。短期的に売りが過熱してことで、4hRSIは年初来最低値の20%未満まで一時急落(昨年12月にBTC=6500ドルを付けた直近最安値のデータに匹敵)。年初の”上昇トレンド転換前水準”まで下げたことも、一旦の下げ止まりに繋がった。TradingViewのBTCUSDチャート現在のビットコインチャートは、相場の転換ポイントとして意識されてきた日足200日移動平均線に差し掛かっている状況。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、株式市場がリスク回避姿勢を強めており、仮想通貨市場も引き続き予断は許さない。足元の200日移動平均線の方向とビットコイン価格の位置関係も注目したいところ。一時は200日移動平均線が上向きに変化することで、上昇トレンドへの転換も意識されたが、再び下落傾向に転換しつつある。ビットコインの価格と200日移動平均線の位置関係次第では、先行きに黄信号が灯る。TradingViewのBTCUSD

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました