仮想通貨ビットコインキャッシュ、5月15日に大型アップグレード 半減期後の採掘推移も重要に

マネーニュース
ビットコインキャッシュのアップグレードについて

仮想通貨ビットコインキャッシュのBitcoin Cash Nodeプロジェクトの開発者は公式ブログで、5月15日に計画されている大型アップグレードに関するマイルストーンの進捗を語った。

今回のアップグレードでは、インフラ資金調達プラン(IFP)への投票、BIP9は関係なく、ABCクライアントと同じデフォルト値で構成され最長チェーンに従うように実装される構築だと説明。

予定されているアップグレードは『チェーン分裂のない安全なノード実装』を目標にしていると強調した。

また、以下の実装が計画されている。

スクリプト実行時の署名チェックをSigOpsからSigCheckと呼ばれる新しいシステムに置き換える
スタックアイテムのバイトを反転させる命令の追加

今回のアップグレードには注意が必要
なお、今回のアップデートは、ハードフォークを伴うが半減期の後であることにも注意が必要だ。

CoinGeckoの半減期カウントダウンによると約35日後の4月8日にビットコインキャッシュは半減期を迎え、マイニング報酬は6.2

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました