私募取引、5〜10年で個人投資家の「当たり前」に=米金融大手State Street幹部

マネーニュース
デジタル資産の利用価値

米金融大手State Streetの幹部Jay Biancamano氏が、デジタル資産の普及によって今後5年から10年で、私募がトレードのスタンダードになるとの見解を示した。

Biancamano氏は、現在のマーケットが非効率である大きな原因は、参入障壁の高さにあると説明。証券取引における手数料や他のコストが原因で、多くのトレーダーにとって実質的な利益が低くなっていると語った。また、トークン分割の特性を生かし、小規模な市場に対しても流動性を供給できるメリットもある。

コストを抑えられるデジタル資産は、効率性が高く、人気が高まっている私募により多くの注文(流動性)をもたらす可能性を秘めていると話す。米証券取引委員会(SEC)が最近、適格投資家の定義を拡大したことで、個人投資家が私募取引に参加する機会が増えるとみている。

Biancamano氏は「SECが実際に、個人投資家が私募取引に参加するためのハードルを下げようとしているのであれば、それがスタンダードへの一歩となる」と説明。小規模の取引であれば、個人投資家も容易に私募に参加ができる。それ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました