NEM財団、日本チームを強化へ 仮想通貨ネムの「Symbol」公開に向け始動

マネーニュース
NEM財団、日本チームを強化へ
ネム財団は3月5日、Symbolのローンチに向けて日本チームを強化する方針を明らかにした。
日本市場開拓に向け、日本担当3名を起用。活発にコミュニティ活動が行われる日本市場を世界で重要な拠点のひとつに位置づけ、国内企業や地方自治体との提携、共同開発を進めていくという。
ネム財団のアレクサンドラ・ティンスマン理事長は、日本市場を未来志向な市場と表現。「アーリーステージにあたるプロジェクトの可能性を、いち早く見抜く慧眼を持っている」とコメントした。
日本チーム強化の背景となったSymbolは、仮想通貨ネム関連の「カタパルト」をリブランドした新ブロックチェーン。『誰でも容易に操作できるブロックチェーンプラットフォーム』として、ビジネス応用を容易にする機能を組み込んだ。
ローンチ目標時期は2020年内を予定しており、日本でも企業や自治体での活用を促していくものとみられる。
ユースケース
世界の利用ケースでは、中東カタールで2022年に開催を予定する「FIFAワールドカップ」の現地ホテル建設プロジェクトを管理するプラットフォームで利用が予定されている

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました