今週は4兆円超のロス 生き残ったアルトコインは?|ビットコイン 8300ドルが運命の分かれ道

リップル
マーケット過去1週間で仮想通貨相場の時価総額は約410億ドル(約4兆4000億円)減少した。ビットコイン(BTC)を始め主要仮想通貨は下げ幅を縮小しているものの、依然として全体的に赤信号が灯っている。一方、主要仮想通貨が総崩れの中で、唯一、時価総額11位のチェーンリンク(LINK)が持ちこたえている。(出典:Coin360 日本時間2月29日午前11時10分時点)ビットコイン 8300ドルが重要ビットコインは8700ドルを再び下回った。著名仮想通貨アナリストのアレッシオ・ラスターニ氏は、8300ドルを下回ったらロングポジションを全部売ると発言。8300ドル付近は3つのテクニカル指標が集まる水準である「トリプルサポート」であり、この水準を下回るとかなり大ごとだという認識を示した。ラスターニ氏は、「トレンドラインと1万ドル水準の突破にビットコインが苦戦していたことは警告のサインだった」と反省。レジスタンスを突破できなかったことから「ビットコインは強気シナリオを実現したくなかったようだ」と解釈し、テクニカル的に重要な9600ドルも下回ったことで「より深いプルバックシナリオ」が展開さ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました