経済不安のアルゼンチンで「州政府主体」の仮想通貨発行案 議員が提案

マネーニュース
州政府発行の仮想通貨でメンドーサをアルゼンチンの経済情勢から切り離す

アルゼンチンのJosefina Canale議員は3月3日、個人のツイッターアカウントで、メンドーサ州が独自に仮想通貨(暗号資産)を発行するアイディアを提案した。
仮想通貨を発行することによって、メンドーサ州を国家のマクロ経済情勢から切り離す狙いがある。
アルゼンチンは、厳しい経済情勢に直面している。アルゼンチン国家統計センサス局(INDEC)によると、2019年のインフレ率は53.8%だった。アルゼンチンの法定通貨であるアルゼンチンペソの価値は2019年に約40%減少した。

Canale議員は、国家のマクロ経済情勢からの脱却のほかに、デジタルトークンが税金の支払いに役立つ可能性も論じている。


州発行の仮想通貨に賛否両論の声
Canale議員のツイートに対しては賛否両論、見解が分かれている。

賛成者は、州政府による仮想通貨発行によって州政府が近代化し、経済と税務の問題を解決できると考えている。賛成者らはCanale議員にアイディアのさらなる精緻化を求めた。

一方、この通貨が政府

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました