CMEの仮想通貨ビットコイン先物取引高が急減、機関投資家とファンドの純OIも売り越しに

マネーニュース
CMEのBTC先物取引高が急減

新型肺炎(コロナウイルス)感染拡大による株式市場の暴落を受けて、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物の取引高が急減している。
CMEの取引データによると、大口投資家の純未決済建玉残高(OI)は2月下旬以降下落しており、株式市場の暴落を受けたリスクオフの傾向が確認される。
一方で、個人投資家や企業の純OIは高水準で推移。買い圧力の強さを示す先物プレミアムも高止まりしており、小口投資家の買いに過熱感が見られる。



CMEのBTC先物取引高が急減、未決済建玉残高(OI)は横ばい水準
CMEのBTC先物日次取引高は2月18日、11億ドル(約1200億円)の年間最高値を記録し、BTC価格も100万円を超える水準で推移していた。


しかしながら、2月下旬以降、コロナウイルス感染拡大に伴う米国株の記録的な暴落に伴って、先物取引高は大幅に急落。3月6日にはBTC先物日次取引高が8,800万ドル(約92億円)を記録し、直近3か月間の最低値を更新した。BTC価格もこの間に大幅に下落し、現時点では8000ドル(約8

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました