仮想通貨イーサリアムの「ETH2.0」が開始されるとどうなる? 承認者の報酬とペナルティ制度を解説=Codefi

リップル
ETH2.0バリデータへのインセンティブイーサリアム2.0(ETH2.0)のバリデータに対する報酬とペナルティの概要を、米ブロックチェーンソフト開発企業コンセンシス(ConsenSys)のOS開発部門Codefiが解説した。PoSコンセンサスを採用するETH2.0で、プラットフォーム運営の要となるのは、新たなブロックを生成するとともに、そのセキュリティを担うノードであるバリデータ(承認者)だ。バリデータの不誠実な行動はイーサリアムブロックチェーンの正当性を脅かす可能性もあるため、バリデータをPoSコンセンサスルールに準拠させるためのインセンティブと罰則が周到に用意されている。バリデータとなる条件ETH2.0におけるPoSコンセンサス移行への最初の段階「ビーコンチェーン(Beacon Chain)」。バリデータとしてネットワークに参加するためには、32ETH以上をデポジットコントラクトに預け入れロックアップすること(=ステーキング)が必要だ。バリデータがステーキングできるETHの量に上限は設けられていないが、報酬およびペナルティの算出には、「実効残高」(effective balance

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました