米失業申請330万件でリセッション懸念拡大、仮想通貨ビットコインの行方に高い関心

マネーニュース
リセッション局面とビットコイン
FRB(米連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル議長は27日、新型コロナウイルスのパンデミックを受け、米国は景気後退(リセッション)局面に陥った可能性があると述べた。


米労働省が26日に発表した「失業保険申請件数」は、15〜21日までの1週間で3,283,000件に達した。新型コロナの感染拡大と、緊急事態宣言からのロックダウン(都市封鎖)に伴い、宿泊施設、レストランなどの飲食業界を含むサービス業への影響が特に深刻で、リーマン・ショックの影響を受けた過去最大の数値、09年3月の66万件を大幅に上回ったという。
失業保険申請件数は、労働者が離職した後に初めて失業保険給付を申請した件数を週ごとに集計したものだ。4〜6月期の米失業率は1930年の世界恐慌に匹敵するとの見方もあり、4月3日(金)の米雇用統計発表を控え、各指標の急悪化が金融市場にどのような影響をもたらすか懸念される。



これに先駆け米国では、2兆ドル規模の刺激策が米国上院で承認された。現金給付案のほか、4月から最大4ヶ月の失業手当に当てる、また規模別で企業支援にも500

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました