カルダノ、「Hydra」をローンチ 圧倒的な処理速度を実現か

マネーニュース
カルダノでHydraがリリース

仮想通貨カルダノ(ADA)の開発機関「IOHK」は、セカンドレイヤーソリューション「Ouroboros Hydra(ヒュドラ)」を正式にローンチした。Hydraは、カルダノネットワークのオフチェーンプロトコルで、トランザクション処理に関わるスケーラビリティを高める技術として開発された。

発表によると、Hydraのローンチによって、カルダノネットワークのスケーラビリティを高めるほか、開発者らは、マイクロ決済や、投票、保険契約など、多方面でdApps構築を行うことができるようになる。
開発は、エディンバラ大学のブロックチェーン研究所の開発協力のもと、5年の月日をかけたとしており、トランザクション処理では、理論上、1秒あたり100万件のトランザクション処理も可能にすると説明した。




Hydra:

Hydraは、「ステイトチャネル」を利用するセカンドレイヤーのスケーラビリティソリューション。ステイトチャネルがカルダノのプロセスデータを「シャード(分割)」するが、ブロックチェーン自体を分割しない利点がある。

Hydraには

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました