米司法省、ベネズエラ大統領を麻薬密売で起訴 収益隠蔽に仮想通貨を使用と主張

マネーニュース
ベネズエラ大統領を起訴

米司法省は26日、南米ベネズエラのマドゥロ大統領を国際的な麻薬密輸に関与した罪で起訴したと発表した。さらに拘束につながる情報提供には、1500万ドル(約16億円)の報奨金を提供することも明らかにされた。

米国が他国の現職大統領の起訴に踏み切るのは極めて異例。米国政府は公式な選挙手続きを経ていないとしてマドゥロ政権の正統性を認めておらず、公文書では「前大統領」という表現を用いている。

起訴内容

米司法省は、マドゥロ大統領に加え、経済担当副大統領や国防大臣、また最高裁長官を含む政府高官14名も同時に起訴。その容疑は麻薬および武器の密輸、麻薬テロから汚職まで広範囲に及ぶ。

Barr司法長官は、マドゥロ大統領とその側近が「太陽のカルテル」(the Cártel de Los Soles)の幹部として「20年以上にわたり、コロンビア革命軍(FARC)と共謀して、大量のコカインをアメリカに持ち込み、社会を荒廃させた」と糾弾した。 そして、今回の起訴の目的は「ベネズエラ政府内に広がる汚職の根絶に焦点を当てる」ことであると声明で述べている。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました