中国規制当局、仮想通貨取引所主体の価格操作・出来高水増しを指摘

マネーニュース
仮想通貨取引のリスクを強調
中国の金融監視機関である中国国家インターネット金融協会(NIFA)が、仮想通貨投資におけるリスクについて投資家に警告したことが分かった。
NIFAは中国の中央銀行とも連携している規制機関。仮想通貨市場に関する独自のデータ分析を行い、国外取引所主体の出来高水増しや価格操作の問題点を指摘した。
「データ分析の結果、外国に本拠地を置く仮想通貨取引所の一部が取引量を水増ししていることがわかった。取引プラットフォームは、システムを使用して取引量を改ざんして水増しを行い、偽りの繁栄に見せかけている」と説明した。
NIFAの報告によると、ある取引所のデータをサンプリング分析したところ、40銘柄以上の仮想通貨について、1日の取引回転率は100パーセントを超え、70銘柄以上は50パーセントを超えていた。
このデータを受けNIFAは、比較的時価総額が低く小さなマーケットにもかかわらず、不自然に大量の取引量が存在しているとコメント。他の取引所のデータをコピーすることによって取引量を捏造している仮想通貨取引所もあったと指摘した。
市場操作も指摘
さらに、様々な手法を駆

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました