インド13億人市場で仮想通貨ブーム到来の予兆 Paxfulが現地調査

マネーニュース
肯定的な世論調査結果

アメリカに本拠を置くP2P仮想通貨取引所大手のPaxfulが、インドで3月に実施した仮想通貨の将来性に関する調査の結果を発表した。 4月2日に公開されたレポートの数字は、インドで仮想通貨に対する期待が高まっていることを如実に表している。

この調査は18歳から55歳の男女500人を対象に行われ、仮想通貨に対する一般的な市場心理をはじめ、仮想通貨が大きな変革を起こすと考えられる領域や仮想通貨の普及をリードする業界についての考えが明らかにされた。

世論調査の背景

インドでは3月4日、インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が、国内の銀行および金融機関に対し、仮想通貨関連のサービス提供を禁止した命令が違憲であるとの最高裁判決が下された。 2018年4月に出されたRBIによる禁止令は、法定通貨から仮想通貨への資金流入を困難にしていたが、この違憲判断により、インドの仮想通貨業界は息を吹き返し、インド関連銘柄が軒並み高騰、「プチ仮想通貨バブル」が発生していた。

世界第2位、13億超の人口を抱える「眠れる巨人」であるインド市場が、仮想通貨投資に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました