米BofA『史上最も深刻なリセッション』Fitchの世界GDP予想も大幅下方修正

マネーニュース
史上最も深刻なリセッション

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、2020年の世界の成長率について大幅下方修正、-1.9%になるとの予想を示した。リセッション(景気後退)入りを明確にした。
米国のGDPは-3.3%、欧州のGDPを-4.2%、中国のGDPは2%未満の成長としている。

3月22日には、世界のGDP成長率を1.3%としていたが、その後、欧米を中心に新型コロナウイルス(COVIT-19)の感染拡大が加速した。ジョンズホプキンス大学の集計データによれば、パンデミックにおける世界的な感染数は100万人規模に達し、すでに48,000人以上の命が奪われている。


フィッチ・レーティングスは、「国際金融市場と各国の経済活動にかつてない打撃を与えている」との認識を示し、欧米圏における首都封鎖(ロックダウン)の影響まで試算に入れた。3月27日には、英国の財政が大幅に悪化するとして、長期債務格付けを引き下げている。

フィッチのチーフエコノミスト、ブライアン・コールトン氏は、「2020年の世界のGDP落ち込みは、リーマン・ショックなどの金融危機に匹敵する、202

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました