ビットコイン&ニュース

JP Morgan、DLTでデリバティブのマージン支払自動化

投資大手のJP Morganが、フィンテック・スタートアップであるBaton Systemsの提供する分散型台帳技術(DLT)を用いて、デリバティブ取引のマージン支払を自動化させるサービスを開発した。これにより、以前であれば数時間かかってい...
ビットコイン&ニュース

CarrefourとNestle、IBMと提携し乳児粉乳を追跡

小売大手のCarrefourと食品・飲料会社のNestleはIBMとの提携を発表した。ブロックチェーンを用いたIBMの食品トレーサビリティ・プラットフォームをNestleの乳児粉乳製品に用い、QRコードによって、生産地など製品情報を読み取る...
ビットコイン&ニュース

VeChainの中国展開、当局の承認を獲得

中国雲南省にてVeChainが計画している、ブロックチェーン技術を用いたプーアル茶のトレーサビリティ・プラットフォームが、省の地方自治体である双江当局の承認を獲得した。VeChainは、現地でプーアル茶を生産する勐库戎氏などと提携し、QRコ...
ビットコイン&ニュース

インド政府、冬の議会での仮想通貨禁止法案延期

インド政府の冬の議会のアジェンダにおいて兼ねてから提起されていた仮想通貨の禁止法案に関する議題が上がっていないことが明らかになった。この法案においては仮想通貨の所持の完全な禁止およびデジタル通貨(デジタルルピー)の導入を決定するものだった。...
リップル

SWELL狙ったXRP売りに一時全面安 アルトコインは戻り強くBTCも追随するか

先週のBTC対円相場は、1時間足のディセンディングトライアングル下抜けを回避したものの、上放れには失敗し、100万円から102万円台後半で揉み合う展開で始まった(第1図)。こうした中、Ripple社主催のSWELL開催を控え徐々に高値を切り...
リップル

Litecoinの創設者、Stellarを批判

 Stellarが550億XLMをコミュニティに無断でバーンしたことについて、Litecoinの創設者であるチャーリー・リーは550億XLMのうちStellar財団のXLMは50億XLMだけであり、これによって財団がもつXLMの割合は17/...
ビットコイン&ニュース

Binance、トルコリラを新たに追加

仮想通貨取引所のBinanceが、トルコリラを新たに追加した。これにより、ウォレットのPaparaを通じて、Bitcoin、Ethernet、Rippleの3つの仮想通貨とのペアが新たに利用できるようになった。BinanceのCEOであるC...
ビットコイン&ニュース

ウクライナ鉄道の分局、電力用いBTC違法採掘

ウクライナ鉄道の分局リヴィウ鉄道が、ウクライナ鉄道の電力を用いてBitcoin(BTC)を違法に採掘していたことが、ウクライナ鉄道と治安当局による立入検査で発覚した。100以上のマイニング機器と見られる機械が発見された。ウクライナ法は、仮想...
ビットコイン&ニュース

Verge、24時間の取引高が大幅増

Verge(XVG)が24時間で取引高・価格共に大幅増加した。昨日、アダルトサイトPornHubがPayPalにアカウントが停止されたことに伴い、Verge代わりに用いられはじめたことが関連していると見られる。執筆時点では、取引高は212%...
ビットコイン&ニュース

IngenicoがPundi Xと提携、スマホ決済推進

フランスの決済会社Ingenicoがシンガポールの仮想通貨スタートアップPundi Xと提携し、アンドロイド・スマートフォンによる仮想通貨での決済を推進することを発表した。これによりIngenicoのPOSアプリAPOS A8の利用者は、様...
マネーニュース

仮想通貨ビットコインに何者かがスパム攻撃か メモリープールで異常値

ビットコインに何者かがスパム攻撃か ビットコインのネットワークが、何者かによってスパム攻撃を受けている可能性が浮上した。1Satoshiの未確認トランザクションが大量に発生したことが確認された。 仮想通貨DEXを運営するKomodoプラ...
マネーニュース

ポルノハブ効果か、仮想通貨ヴァージが急騰 「ペイパルの支払い停止」報道後に30%超上昇【ニュース】

決済大手ペイパルがアダルトエンターテイメント大手「ポルノハブ(Pornhub)」所属のモデルへの支払いを突然停止したことを受け、仮想通貨ヴァージ(XVG)が急騰している。過去24時間で30%以上の上昇となっている。 Source: coi...
マネーニュース

BitMEXのリーダーズボードで2アカがTOP10入り 正体は仮想通貨投資会社と判明

ランキングをマーケティングに活用 世界最大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのトレーダー収益ランキング「Leaderboard」で、累積利益にTOP10入りしている2アカウントが、投資会社のものであることがわかった。あえて実名を...
マネーニュース

ガチホが最善の戦略? バイナンスリサーチが日次リターンを分析【仮想通貨相場】

仮想通貨取引所バイナンス傘下の調査チーム「バイナンスリサーチ」は、ビットコインの年平均での日次リターンに関するデータを発表し、HODL(ガチホ)する戦略について分析している。 Source: cointelegraph
マネーニュース

バイナンスの公式Weiboが凍結 中国向け仮想通貨取引提供が影響か

大手仮想通貨取引所BinanceのWeiboアカウント(中国版ツイッター)が凍結、削除されていることがわかった。 Weiboのページでは、「法律と規制およびWeiboコミュニティ条約の違反」でブロックされたと表記されている。 フォロ...
マネーニュース

トークンを標準化することで何が生まれるのか?トークン分類フレームワークについて専門家に聞く【解説】

「ブロックチェーンの仕組みと開発がしっかりわかる教科書」などの著書があるコンセンシスベイスの志茂博氏に「トークン・タクソノミー・イニシアティブ(TTI)」や「トークン分類フレームワーク」について解説してもらった。 Source: coin...
マネーニュース

ビットコインは「2022年に2万5000ドル」 FAANG株と仮想通貨の上昇は同じロジック=トム・リー【価格予想】

ファンドストラットのチーフストラテジストであり、ビットコイン強気派のトム・リー氏は、ビットコインがシリコンバレーの巨大テック企業と同様の論理に従って、価格を形成していくとの考えを示した。 Source: cointelegraph
ビットコイン&ニュース

BinanceのWeiboアカウントが凍結される

BinanceのWeibo(中国のツイッターのようなマイクロブログサービス)のアカウントが凍結された。凍結の理由は「法律と規制およびWeiboコミュニティ条約の関連規定の違反」とされており、同取引所がAlipayなどを通してBitcoinの...
マネーニュース

幕開けは近いか過度な期待か、ブロックチェーンのブレイクスルーのタイミングは?

ブロックチェーンのブレイクスルーはいつごろに起きるのでしょうか。また、ブロックチェーンは様々な分野で実用化が試みられていますが、今後それはどのような展開をみせていくのか。 それらのテーマに加えて、仮想通貨市場が盛り上がりを取り戻す条件や、...
リップル

リブラはFRBリアルタイム決済システムの十分な動機:米高官

リブラは、FRB(連邦準備制度理事会)がリアルタイム決済システムをローンチするための十分な動機になるはず、米政府高官は11月7日(現地時間)にそう記した。連邦取引委員会(FTC)のロヒト・チョプラ(Rohit Chopra)委員はFRBに書...
マネーニュース

出資金詐欺ワンコインの首謀者、詐欺に関与した罪状認める【ニュース】

出資金詐欺として悪名高いワンコインの首謀者の1人、コンスタンティン・イグナトフは、数十億ドル規模の詐欺に関与した罪状を認めた。BBCが11月14日に報じた。最大90年間の禁固刑が科せられるという。 Source: cointelegrap...
マネーニュース

仮想通貨取引所バイナンス、トルコに強い関心 | 「非常にアクティブなマーケット」と評価【ニュース】

仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は、トルコは「非常にアクティブなマーケットであり」、「強い関心を持っている」と語った Source: cointelegraph
マネーニュース

米規制当局SECの取締り戦略が行き詰まり? 和解したICOが投資家に資金返還できず【ニュース】

米証券取引委員会(SEC)の違法ICOに対する規制監督が行き詰っている可能性がある。米有力紙ウォールストリートジャーナルが14日にレポートしている。 Source: cointelegraph
マネーニュース

セキュリティ専門家、「ブラックリスト作成は困難なうえ、仮想通貨詐欺の防止には不十分」【Blockshow】

コインテレグラフが後援する仮想通貨・ブロックチェーンのカンファレンス「ブロックショー(Blockshow)アジア2020」で、セキュリティ専門家らは、ひとつの完結したブラックリストを作成することは困難なだけでなく、それだけでは仮想通貨詐欺の...
マネーニュース

バイナンスCEO、中国北京の事務所開設を否定 中国政府の政策に従う方針示す

CZ氏 中国北京の事務所開設を否定 最大手仮想通貨取引所バイナンスのCEO CZは15日、ブルームバーグのオンライン番組に出演し、「中国首都北京に新たな事務所を開設を予定する」とした過去の報道を公式に否定。中国政府の政策に従う方針を示した...
リップル

仮想通貨NEMのアップデート「カタパルト」は2020年2〜3月

仮想通貨NEM(ネム)の技術アップデート・Catapult(カタパルト)ブロックチェーンのメインネット公開が、2020年2月から3月になることが分かった。テストネットローンチは11月27日。ネム財団やテックビューロホールディングスなどで構成...
マネーニュース

仮想通貨貸付Blockchain.com、今月末に貸付額が130億円に到達と予測|同社CEO「リーマンショックにはならない」【ニュース】

英国拠点の仮想通貨データおよびウォレットプロバイダーのBlockchain.comは、貸付額が11月末で1億2000万ドル(約130億円)超になると予測している。ザ・ブロックが11月14日に報じた。 Source: cointelegra...
マネーニュース

中国内モンゴル自治区、仮想通貨マイニングの取締り強化 | 専門家「規制緩和の見方は間違い」【ニュース】

中国内モンゴル自治区の規制当局は、仮想通貨マイニング業者への締め付けを強めている。 Source: cointelegraph
リップル

ビットコイン(BTC)がゆっくりと着実に減少、$ ●●の可能性が高いターゲット

ビットコインの価格は現在、米ドルに対して8,600ドルのサポートエリアを下回っています。毎月の新しい最低値は8,457ドル近くに形成され、価格は現在より高く修正しています。BTC / USDペアの1時間ごとのチャート(Krakenからのデー...
マネーニュース

仮想通貨デリバティブの出来高、中華系大手OKExがBitMEX越え 中国市場の活性化を示唆

OKExが一位に 大手仮想通貨データサイトCoinGeckoは、仮想通貨のデリバティブ取引における出来高(14日)で、元中国三大取引所OKcoinが運営するOKExが1位にランクインしたことを報告した。BitMEXが2位、HuobiDMと...
タイトルとURLをコピーしました