リップル

リップル

XRPはこれらの理由で$ 0.25を超える可能性があります

この記事を書いている時点では、XRPは他のほとんどのデジタル資産と同じように赤字で取引されており、コインは価格は$ 0.241119。NewsBTC.comコインが間違いなくすぐに0.25ドルを超える様々な理由を指摘しています。XRPが$ ...
リップル

市場は一転弱気に 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン

BTC/USD仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は9月19日に11,225ドルの50日単純移動平均線を下回り、20日指数移動平均線(10,781ドル)と22日のサポート(10,625ドル)を割り込んだ。この下落は、弱気派が最近の11...
リップル

bitFlyer、ビットコインとTポイント交換利用者が過去最多──金融緩和で動く若者世代

暗号資産(仮想通貨)取引所のbitFlyerでビットコインと「Tポイント」との交換サービスを利用した1カ月間のユーザー数が、昨年8月の開始以来、過去最高を記録した。bitFlyer(ビットフライヤー)が17日に発表した文書では、同サービスの...
リップル

ビットコインの強気な振る舞いにもかかわらず、Altcoinが「困っている」理由はここにあります

 今日のビットコインの価格は$ 11,000を上回り、現在保持しようとしています。抵抗を回したサポートの再テスト後の信じられないほど強気な価格行動は、暗号資産の価格をはるかに高く押し上げる自信を強気に与えたかもしれません。しかし、強気の勢い...
リップル

ネム(XEM)最大レバ20倍の無期限スワップ、Delta Exchangeでローンチ

XEM初のデリバティブ暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)のデリバティブ(無期限スワップ)が仮想通貨取引所Delta Exchangeでローンチされたことがわかった。Delta Exchangeが発表した。この無期限スワップはBTC建てで取引...
リップル

ビットコインキャッシュの分裂騒動、仮想通貨相場への影響は?

 ビットコインキャッシュ(BCH)が再び分裂騒動に直面している。ビットコインキャッシュで2018年11月に起こったビットコインSV(BSV)との分裂は、仮想通貨市場を冷やす弱気材料となったが、果たして今回も相場への影響は出てくるのだろうか。...
リップル

米上場企業、報告通りビットコインを追加購入 『投機でなく、企業戦略』

MicroStrategyがBTC買い増しビジネスインテリジェンスサービスを提供する米ナスダック上場企業MicroStrategyが、計16,796BTC(約1.75億ドル)の買い増しを行なったことを明かした。8月に購入した分に合わせ、所有...
リップル

ゴールド、暗号資産の次はウイスキーか──樽ごと購入、トークンで分配するユニークなファンド

上質なケンタッキーウイスキーを樽ごと購入して、その“資産”をトークン化することで投資家からの出資を可能にするファンドが生まれた。投資会社のウェーブ・ファイナンシャル(Wave Financial)は9月11日、3月に組成した「ウェーブ・ケン...
リップル

分散型金融(DeFi)におけるイールドファーミング(流動性マイニング)とはなにか?

分散型金融(DeFi)は、さまざまなオープンソースの金融プロトコルを組み合わせて、金融サービスを構築できることが特徴です。例えば、メイカーダオ(MakerDAO)のプロトコルで発行したステーブルコインのDAIをカイバーネットワーク(Kybe...
リップル

インド行政が再び暗号資産(仮想通貨)取引を禁止する法案を用意している。ブルームバーグが報じた。

インドの新たな禁止方向インド行政が再び暗号資産(仮想通貨)取引を禁止する法案を用意している。ブルームバーグが報じた。報道によると、事情に詳しい情報筋は、インド内閣が議会に提出する前に、法案に関わる閣議が予定される。仮想通貨の取引を禁止する法...
リップル

「金は危険だ」CNBC名物キャスターが仮想通貨1%投資を決めた理由

 最近、米主要経済番組CNBCの名物キャスターであるジム・クレイマー氏が、純資産の1%を仮想通貨ビットコイン(BTC)に投資するかもしれないと発言した。直近の高値である1万2500ドル付近からは未だに2000ドル弱下回っているが、米国では確...
リップル

「10万ドルになる」BitMexアーサー・ヘイズ、仮想通貨YFIの強気予想継続

BitMEX CEOが予想仮想通貨デリバティブ取引所BitMEX CEOのArthur Hayeshは13日、自身のTwitterにて「DeFiプラットフォームyearn.financeのガバナンストークン「YFI」の価格が10万ドルに達す...
リップル

モルガン・スタンレーのストラテジスト、中央銀行がマネープリンティングを強化する中でビットコインを推奨

モルガンスタンレーインベストメントマネジメントの主要ストラテジストであり、新興市場の責任者は、中央銀行の大規模なマネープリンティングポリシーの中で、株式への代替投資としてビットコインを推奨しています。金や暗号通貨などの代替資産は、株式が苦戦...
リップル

疑わしい仮想通貨取引とは FATFがレポートを公開

FATFがレポートを公開金融活動作業部会(FATF)が、暗号資産(仮想通貨)における疑わしい取引の例を掲載したレポートを公開した。取引や匿名性、送受金者、資産の出所、地域といった項目に分け、注意すべきポイントを例示した。マネーロンダリング対...
リップル

DefiプロトコルBzxは今年3回目のハックで$ 8.1ミリオンを失う

 いわゆる分散型金融(defi)融資プラットフォームであるBzxは、スマートコントラクトのコードに欠陥があるため、今年3回目の新しいハッキング攻撃で810万ドルを失いました。このバグにより、ハッカーは219,200のLINKトークン($ 2...
リップル

ゲーム遊んでビットコイン貰える MintGox Asia 9月20日21時~開催予定【

MintGox Asia皆さん、ゲームはお好きですか?ビットコインが好きなゲーマーにピッタリのeスポーツイベントを紹介させていただきます。今年3月末からおよそ1ヶ月に1度開催されている、MintGoxというビットコインを使ったゲームイベント...
リップル

仮想通貨企業Wirex、マスターカードに対応したマルチ通貨カードをリリースへ

 マスターカードのプリンシパルメンバーシップを付与されたWirexは、メンバーシップに続いて新しいマルチ通貨カードをリリースする。Wirexは英ロンドンを拠点とする仮想通貨決済処理業者であり、英国の金融行動監視機構(FCA)で登録した業者で...
リップル

テザー社、約1000億円相当の仮想通貨USDTをチェーンスワップ予定

テザーが15日、10億のUSDT(約1057億円に相当)をトロンのブロックチェーンから、イーサリアムブロックチェーンに(チェーンスワップ)移転する予定だ。発表によると、チェーンスワップでUSDTの流通数自体は変わらず、該当する数のUSDTの...
リップル

「イーサリム2.0は間もなく登場」、ブロックチェーン企業コンセンシスのルービン氏

 ブロックチェーンコミュニティの多くのメンバーは、複数のフェーズを経てリリースされる予定のイーサリアムブロックチェーンのアップグレードである「イーサリアム2.0」の登場を待ち望んでいる。フェーズ0は、イーサリアム2.0ロードマップの最初に予...
リップル

パンデミックが加速させたビットコイン:シンガポールDBS銀行

「パンデミック(世界的感染拡大)がデジタル資産の普及を加速する」シンガポールのDBS銀行は、8月に発表した暗号資産(仮想通貨)に関する四半期レポートの中で、デジタル資産の現状をこう表現した。「世界一のデジタル銀行」と称されるDBS銀行と、そ...
リップル

SushiSwapがブロック報酬を1,000から100にカット

SushiSwapは、自動化マーケットメーカー(AMM)が実際に市場を作り始める前に参入した人々への大規模な報酬の約束を吹き飛ばしました:それが稼働する前にコミットした流動性プロバイダー(LP)のブロックごとに1,000 SUSHIトークン...
リップル

リップルパートナーであり暗号化の新興企業であるFlare Networksは、スマートコントラクトにXRPに導入することを決定

RippleとXRPは、さまざまな成果と大胆な計画により、最近も注目を集めています。リップルは最近、XRPエコシステム全体を後押しするだけでなく、XRPの主流の採用を誘発するために多大な努力をしています。XRPにスマートコントラクトをもたら...
リップル

仮想通貨ビットコイン、テスラ株、そしてアボカド | 3つの資産の値動きが相関し始めている理由は?

 9月9日から16日の間に、ビットコイン(BTC)の価格は11%以上の上昇となった。同じ期間で、テスラ株(TSLA)は330.21ドルから449.76ドルへと36.2%の急騰となった。ミレニアル世代はテスラ株とBTCが好きテスラ株とビットコ...
リップル

ウクライナが暗号資産の普及でNo.1の理由

ウクライナ、ロシア、ベネズエラの3国は、暗号資産(仮想通貨)の普及度合いで上位に位置している。米暗号資産調査会社のチェイナリシス(Chainalysis)が8日に発表した「Global Cryptocurrency Adoption Ind...
リップル

ラッパーTI暗号通貨詐欺:SECにより75,000ドルの請求および罰金

 ラッパーTIと映画プロデューサーのライアンフェルトンを含む他の4人は、不正なトークンの販売について米国証券取引委員会(SEC)から告訴されています。TI、またはラッパーも知られているTipも、証券規制当局から75,000ドルの罰金が科せら...
リップル

抑えておきたいテクニカル分析「ダウ理論・6原則」を初心者向けに解説

ダウ理論の6原則ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論のことです。このダウ理論はすべてのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています。株式や仮想通貨、FXなどのあらゆる相場を分析する上で、ダウ理...
リップル

分散型金融(DeFi)でロックされたビットコイン、ライトニングネットワークの20倍に増加

 ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の価格が下落しているにもかかわらず、分散型金融(DeFi)プロジェクトにロックされたBTCの量が、先週比で30%以上の増加となった。ロックされたトークンの数に変化がない場合でも、米ドルベースの...
リップル

信用に基づくDeFiプラットフォームWing、オントロジーブロックチェーン上で稼働開始

新しい形のDeFiプラットフォーム信用システムを基盤に、異なるチェーン同士の取引をサポートするDeFi(分散型金融)プラットフォームWingが、オントロジーブロックチェーン上でローンチされた。Wingは、オントロジーの分散型IDメカニズムO...
リップル

「ステーブルコインは厳格に規制されるべき」EU五ヶ国財務相が共同声明、近く仮想通貨規制草案も提出か

ステーブルコインの厳格な規制設定を呼びかけ11日金曜日、欧州連合(EU)の会合が開かれ、暗号資産(仮想通貨)ステーブルコインはEU内で厳格に規制されるべきだとの共同声明が発表された。ベルリンで開催された経済・金融分野を話し合う非公式の会合で...
リップル

1日で仮想通貨業界を揺るがす ユニスワップのトークン発行でDeFi銘柄が再び加速

 分散型取引所(DX)のユニスワップが発行したガバナンストークンUNIで昨日の仮想通貨業界は盛り上がりを見せた。とりわけDeFi(分散型金融)銘柄への波及効果は大きく、韓国のブロックチェーンリサーチ企業であるシャングル(Xangle)による...
タイトルとURLをコピーしました