リップル

リップル

ビットコインとXRPの予測:BTCは強気に見え、XRP Boostが登場します

過去数日間、暗号市場は本当に刺激的でした。ビットコインは再び1万ドルという重要な心理レベルを上回り、XRPは0,33ドルに達しました。これは、XRPのファンやリップル愛好家にとっても大勝利でした。XRPは、2020年に退屈な2019年を経て...
リップル

XRP予測:チャートは2017年と同じで、1,532%の大規模な上昇!

2020年に、XRPはかなり印象的な価格変動を経験しました。コインは0,33ドルを超えることさえでき、XRPのファンやリップル愛好家の軍隊は幸せになりました。2019年、XRPはエキサイティングな価格変動を起こさず、リップルはある時点でこの...
リップル

2月13日、IOTAネットワークは悲鳴を上げて停止し、IOTA財団は160万ドル相当の自国通貨が盗まれたと報告

 IOTA Trinity Walletが160万ドルで侵害IOTAのネットワークは、ネットワークの最近の停電を議論する人と、今cryptocurrencyコミュニティ内でホットな話題です。公開時点で、IOTAのネットワークステータスページ...
リップル

アナリストによると、XRP価格は30%は高くなる

過去数日間、暗号化分野ではかなり刺激的な価格変動がありました。簡単な修正の後、ビットコインは再び1万ドルを超えることができました。ご存知のように、これは重要な心理レベルであり、FOMOをトリガーできると言われています。そのため、BTCがその...
リップル

XRPのフラッシュクラッシュ発生 BitMEXで一時0.1311USDに

TradingViewのXRPUSDチャートフラッシュクラッシュが発生したのは13日23時。BitMEXのXRPUSD取引で0.33USDから0.1311USDまで急落した。現時点で、今回のフラッシュクラッシュについての詳しい原因は明らかに...
リップル

2020年に注目すべき9つのブロックチェーン

先日、2019年Dappマーケットレポートがリリースされました。54ページにおよぶレポートでは、昨年のDappにまつわる様々な数値や市場分析、主要なイベントなどを取り上げています。2020年のブロックチェーンアプリはこれからどのような道を辿...
リップル

中国:仮想通貨マイニング機器の製造が一部再開 ビットコイン市場に朗報

中国大手MicroBTが仮想通貨マイニング機器を製造再開中国の大手マイニングマシン製造企業MicroBTが、仮想通貨マイニングマシンの生産を再開したことがわかった。コロナウイルスの影響で1月より一時的に停止していた生産・出荷業務を再開する。...
リップル

防衛・航空宇宙大手のBAEシステムズが仮想通貨進出? 専門家の求人掲載

ニュース防衛・航空宇宙関連を手掛ける大手企業BAEシステムズの米国拠点の部門で、仮想通貨の専門家を募集している。同社がリンクトインに掲載した。リンクトインの情報によると、採用者は米首都ワシントンDCで企業クライアント向けの運用案件をサポート...
リップル

SBI、米国の仮想通貨採掘事業を正式発表 世界最大規模のマイニング施設を利用

SBIがテキサス州でマイニング事業開始SBIホールディングスの仮想通貨マイニング子会社「SBI Crypto」が、IT企業Northern Data AGとデータセンター運営企業Whinstone USと、パートナシップを締結したことを正式...
リップル

北朝鮮、モネロのマイニングを活発化──制裁回避が容易に

北朝鮮は制裁を回避する方法を探っており、匿名性の高い仮想通貨モネロ(XMR)のマイニングを強化している。アメリカのサイバーセキュリティ企業レコーデッド・フューチャー(Recorded Future)が2月9日(現地時間)に発表したレポートに...
リップル

米省庁、仮想通貨関連業務の予算増を要請

仮想通貨関連の予算増額要求2021年会計年度において米国の様々な省庁が、仮想通貨関連の監視や業務を行うために予算を求めていることが分かった。先日にもトランプ政権は2021年度予算教書を発表。仮想通貨の監視を強化するため、シークレットサービス...
リップル

イーサリアムは最近、人気のある暗号アナリストがETHの価値を現在の価格から●●%以上上昇すると予想

イーサリアムは最近、人気のある暗号アナリストがETHの価値を現在の価格から4,300%以上上昇すると予想したと言ったときに注目を集めました。重要なアナリストであるビットコインマクロは、彼のフォロワーの1人にコインの年末の予測を提供するように...
リップル

XRP価格:3つの市場要因が$ 0.30の打撃からXRPを保持している

XRPには価格の点でそれほど優れた2019がありませんでした。Rippleは、コインのパフォーマンスの低さのせいだと非難されています。しかし、2020年には、XRPが最初から価格にかなり印象的な動きを見せています。コインはいくつかの非常に重...
リップル

国内スタートアップ時価総額ランキング20──フィンテックは4社、リキッドやPaidyほか

2020年2月時点でのスタートアップ時価総額ランキングがまとまった。仮想通貨・フィンテック分野の企業としては、仮想通貨取引所を運営するリキッドグループが1,160億円で4位、後払い決済のPaidyが624億円で9位にランクインした。時価総額...
リップル

ビットコインの課税サポート– 5つの便利な暗号通貨税計算機

暗号通貨取引の税金の計算暗号通貨の人気が高まり、その採用が増加するにつれて、世界中の政府はそれらに課税する努力を強化しています。米国では、内国歳入庁(IRS)が今年、暗号通貨を最優先事項としています。代理店は10,000通以上の手紙を送り、...
リップル

仮想通貨は稼げなくなったのか?2020年の市場で利益を得れる手法は?

2017年をピークとして暗号通貨の投資商品として一般の関心は低くなっているということに多くの人は異論はないでしょう。ビットコインは、2019年の1年間で見ても100%以上上昇しており、これだけ見れば凄まじく高いパフォーマンスですが、依然特に...
リップル

激しく攻防するビットコイン(BTC)、Ripple社上場思惑などXRP上昇要因に3つの材料|仮想通貨市場

仮想通貨市況仮想通貨IOTA(アイオタ)を発行するIOTA財団は14日、公式ウォレット「Trinity」のユーザー資産が盗難被害にあったことを声明を出した。IOTA✔@iotatokenCurrently, #IOTA is working...
リップル

kWhあたり3セント–中央アジアの安価な電力が中国のビットコインマイナーを誘惑

 中国の鉱夫は、古いユニットとオペレーションを中央アジアに移動することを検討地域の報告書は、中国のビットコイン採掘者が安価な電力のために中央アジアへの移住を検討していることを明らかにしています。昨年の4月に、キロワット時あたり0.006ドル...
リップル

Litecoin(LTC)保有者は、このパートナーシップに従って暗号で最大10%利益を獲得できます

開発者David Burkettが機密取引に関する主要な問題を解決できる突破口を発見したと言ったとき、Litecoinはあまりにも前に見出しを作りました。彼は、プライバシーテクノロジーMinbleWimbleをLTCネットワークに統合するた...
リップル

STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagとパートナーシップ締結

スタンダードキャピタル株式会社が2月7日、ネム(NEM)ブロックチェーンなどを活用しセキュリティソリューションを展開するLuxTagとパートナーシップの締結を発表した。パートナーシップの締結により、ブロックチェーンを活用した安全なSTO(セ...
リップル

仮想通貨Lisk、高騰率で日本の取扱い銘柄1位に 年初から295%高

仮想通貨リスク、高騰率で日本の取扱い銘柄1位に日本の取扱い仮想通貨銘柄で今年最も高い騰落率を記録しているリスク(LSK)。年初からの騰落率では295%高と仮想通貨市場全体の銘柄の中でも好調だ。出典:CoinGeckoLSKは、1月9日に国内...
リップル

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の信頼性高い、英シンクタンクOMFIF調査

英国にある独立系シンクタンクOMFIF(Official Monetary and Financial Institutions Forum)は2020年2月5日、「デジタル通貨:信頼の問題」と題する調査結果を公表しました。それによると、デ...
リップル

XRPの下降トレンドは終わり?仮想通貨ビットコイン強気でアルトコインも上昇

マーケット9日に1万ドルを回復したビットコインは10日も好調で、足元では10170ドル付近を推移している。ビットコインだけでなく、アルトコインも好調だ。イーサリアムは一時230ドルを突破。午前11時現在は0.27%増の227ドル近辺で推移し...
リップル

強気派の優位続く ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析【仮想通貨相場】

価格分析BTC/USD10,360.89ドルの直上のレジスタンスを超えることができなかった後、ビットコイン(BTC)はそこから反落してしまった。しかし、ポジティブなことは、強気派がまだ健在であることだ。投資家が上昇トレンドを再開することを期...
リップル

銀行が仮想通貨を管理可能に 独金融庁に40社から強い関心

40以上の銀行が仮想通貨管理ビジネスに関心今年1月1日から施行された新マネーロンダリング防止法の法整備を受け、ドイツでは、株式や債券などの証券と同様に、銀行が仮想通貨の管理サービスを提供することが可能になった。ドイツの経済紙Handelsb...
リップル

1万ドルに乗せたビットコイン、ここから注意すべきこと

Review先物主導の上昇週末のBTC相場は堅調な展開。焦点だった1万ドル乗せにあっさり成功、これで200日移動平均線、100万円、1万ドルと節目となるレジスタンスをクリア、上値の目途が大きく広がった格好。一時100万円を割り込んでいたBT...
リップル

広がる仮想通貨レンディング、GMOコインも定期開催へ──コインチェック、ビットバンクも実施中

仮想通貨取引所がレンディングサービスを充実させている。GMOコインは2月7日、これまで不定期で、限られた通貨のみで提供していたレンディング(貸仮想通貨)をリニューアルすることを発表。対象を同社が取り扱っているすべての通貨に、期間を常時に変更...
リップル

ハッキング被害のイタリアの仮想通貨取引所Altsbit、「ほぼ全ての資産を失う」5月に営業停止へ

ニュースイタリア拠点の仮想通貨取引所Altsbitは、今年5月8日に営業を停止する。2月5日のハッキング被害で「ほぼすべての資産」を喪失したとされる。同取引所は2月6日にツイッターでハッキング被害を報告。2月9日に預金引き出しの手順を公開し...
リップル

「骨太の方針」にデジタル円盛り込むべき、自民党の金融政調会長が提言

ニュース自民党の山本幸三金融調査会長(元地方創生相)は10日、ロイター通信のインタビューで「デジタル円」の発行を求める提言をまとめ、政府の「骨太の方針」に盛り込むように求める考えを明らかにした。フェイスブックのリブラや中国のデジタル人民元が...
リップル

これらのP2P取引所でBitcoinをプライベートにキャッシュアウトできます

 プライバシーはあるが価格は?集中型暗号通貨取引所では、デジタル資産のスポット価格は、買い注文と売り注文を同​​時に実行する何千人ものトレーダーによって設定されます。P2P交換では、これらの数はせいぜい数十個、場合によっては1桁になります。...
タイトルとURLをコピーしました