リップル

リップル

COMPなど高騰するDeFiトークンは「第2の仮想通貨バブル」か?有識者らも熱視線

DeFiトークンはバブルか?直近の仮想通貨市場では、分散型金融(DeFi)プロトコルに対する投資家の熱い視線が集まっている。その理由は、分散型金融CompoundのガバナンストークンCOMPや、BalancerのガバナンストークンBALが6...
リップル

米ニューヨーク州提案の「条件付きビットライセンス」、仮想通貨取引所ジェミナイは評価

 米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は6月25日、同州の仮想通貨(暗号資産)ライセンス(通称ビットライセンス)のガイドラインの変更案を発表した。これは条件付きのビットライセンスを発行できるようにする改革案だ。ニューヨークを拠点とす...
リップル

金融セミナー 7月上旬

■コロナ世界MAP ※今後はやるであろうビジネススタイル●仕事とリゾートを兼ねたワーケーション「ワーケーション(Workation)」と呼ばれる「仕事(Work)」と「休暇(Vacation)」を兼用したリゾートのスタイルである。環境省では...
リップル

「日本で不審な投資勧誘」 カルダノ財団が注意喚起

カルダノ財団からの注意喚起カルダノ財団が9日、日本で確認されている財団の名を利用した不審な投資勧誘を警戒するよう公式で呼び掛けた。カリブ海を本拠地とする仮想通貨取引所BTCNEXTの従業員と主張する人物が、カルダノ財団の主要メンバーと繋がっ...
リップル

中国の警察当局、大物トレーダーを拘束か──暗号資産OTC取引の監視強化

中国の警察当局は、違法な経済活動の取り締まり強化の一環として、暗号資産(仮想通貨)のOTC(相対取引)トレーダーを拘束し、その顧客の銀行口座を凍結した報じられた。OTCトレーダーで暗号資産レンディングプラットフォーム、レンレンビット(Ren...
リップル

仮想通貨ビットコインキャッシュ、ダークウェブで人気が高まらない理由は?

 「仮想通貨の伝道者」ロジャー・バー氏によれば、ビットコインキャッシュ(BCH)はダークウェブで広く利用されている唯一の「最新」コインである。「その他にダークネットマーケットで使われているコインは、当然ながらビットコイン、その次にモネロとい...
リップル

リトアニア中銀、ネムブロックチェーン用いてCBDC発行 7月9日に先行予約開始

リトアニアでCBDC発行欧州バルト三国の一国 リトアニアで大胆な「CBDC発行プロジェクト」が進行中だ。中央銀行であるリトアニア銀行(Lietuvos Bankas)が発行するデジタル通貨「LBコイン」が、今月23日の正式ローンチに先立ち、...
リップル

景気刺激策は「ビットコインを買え」のサイン、仮想通貨企業幹部が主張

 仮想通貨関連の金融サービスを手掛けるアンチェインド・キャピタル(Unchained Capital)の事業開発責任者、パーカー・ルイス氏は、政府による景気刺激策の話が浮上しているのは、より多くのビットコイン(BTC)を買う時が来たという兆...
リップル

米大手仮想通貨決済企業BitPay、ビットコインウォレットをSegWit対応へ

SegWitをサポート開始米大手仮想通貨(暗号資産)決済企業BitPayは2日、同社アプリのビットコインウォレットのオプション機能にSegWitを追加したことを発表した。出典:BitPayBitPayはSegWitの利用で、一般的には手数料...
リップル

仮想通貨取引所ビットフィネックスの出資者、中国の警察当局が拘束か=現地報道

 中国メディアの報道によると、仮想通貨(暗号資産)のOTC(店頭取引)プラットフォームRenrenBitのCEOであるザオ・ドン氏が、警察当局に拘留されたという。この報道の真偽については現時点では不明だ。ザオ氏が現在杭州の警察署にいるという...
リップル

仮想通貨ビットコイン、クジラ取引数で断トツトップの取引所は?

 仮想通貨取引所OKExにクジラが集まっているようだ。カイコ(Kaiko)によると、6月の10BTC以上の大型取引と定義される「クジラの取引」の数で、OKExが取引所の中で断トツ1位となる8000以上だったことが明らかになた。(出典:Kai...
リップル

「仮想通貨ビットコインの値動きはマイナー行動によるもの」データ分析企業が回答

 データ分析企業デジタル・アセット・データ社のマイク・アルフレッド創業者兼CEOは1日、最近の仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)の値動きの理由として、マイナー行動をあげた。アルフレッド氏はコインテレグラフに対し「断定はできないが、マ...
リップル

米内国歳入庁(IRS)、匿名仮想通貨の捜査体制強化へ

プライバシーコイン捜査強化のため情報募集米国内国歳入庁(IRS)が、プライバシー性の高い仮想通貨技術について捜査体制を強化する方針で準備を進めていることが分かった。IRSの犯罪捜査部門が行う試験プログラムに関連して、秘匿性の高い取引の捜査を...
リップル

1000億円相当の巨額ビットコイン送金 「51円」の手数料が話題に

1000億円相当の巨額ビットコイン送金大口送金が話題になる仮想通貨業界で、稀に見る巨額送金が確認された。ビットコインのブロックチェーンデータを分析するBitcoin Block Botが、日本円で1000億円に相当する101,857BTCが...
リップル

ビットコイン市場の8年後、個人需要のみで市場供給量を超える──仮想通貨デリバティブ取引所が試算

ビットコインの需給関係ビットコイン(BTC)に対する小口投資家の需要が、2028年までに新規供給量を上回ると予想するデータが公開された。仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引所のZUBRが、マイニングによって新規供給されるBTCの量と、小口投...
リップル

仮想通貨投資の奥の院~仮想通貨ファンドに出資する方法

 仮想通貨ファンドは、伝統あるヘッジファンドによるポートフォリオ投資に引けを取らない、立派な投資手段である。ポートフォリオが100%デジタル資産で構成されている点のみが異なるが、それゆえ従来の金融規制とは若干異なるルールで運営されている。両...
リップル

分散型取引所(DEX)、6月の取引高は15億ドルを突破──資金流入する「DeFi」

ブロックチェーン上にさまざまな金融サービスを展開し、そのエコシステムの中でアプリを利用して誰もが参加できる分散型金融(DeFi=Decentralized Finance)がアメリカで急拡大している中、DEX(分散型取引所)における6月の取...
リップル

アマゾンのベゾスCEOの資産額、仮想通貨ビットコイン時価総額を超える

 アマゾンのジェフ・ベゾス氏の資産額がビットコイン(BTC)の時価総額を超えた。7月1日のアマゾン株高騰でベゾス氏の資産額が新たな新記録を打ち立てたことが背景にある。アマゾン株は、7月1日に4.4%上昇して2878.70ドルの過去最高値を更...
リップル

ツイッターやLINEで仮想通貨イーサの送金が可能に トーラス社が開発

 ツイッターのようなSNSを使って仮想通貨を送金できる。シンガポールの仮想通貨関連鍵の管理プラットフォーム「トーラス(Torus)」が、最新のアップデートによってツイッターやギットハブのアカウントを使った仮想通貨送金ができるようになったと発...
リップル

イーロン・マスク「イーサリアムは持っていない」 1年越しのツイートにコメント欄は「なぜ今?」

イーロン・マスク、突然のイーサリアムツイート仮想通貨ビットコインやドージコインに関して、度々意味有りげなツイートを投稿する米テスラ社のイーロン・マスクCEOが、突然「イーサリアムは持っていない」とのコメントを投稿し話題になっている。イーロン...
リップル

オーストリアの2500店で仮想通貨決済受け入れ開始、ビットコインやイーサ、ダッシュで 266

 オーストリアの2500ヶ所以上で仮想通貨(暗号資産)を使って今夏にも決済が可能になる。同国最大のモバイルネットワークオペレータのA1ペイメントと、フィンテック企業サラマンテックス(Salamantex)が協力する。サラマンテックスの発表に...
リップル

分散型インターネット・コンピュータのDfinityがプラットフォームをサードパーティに公開

 ブロックチェーン基盤のクラウドコンピューティング「インターネット・コンピュータ」プロジェクトを進める「Dfinity」は6月30日、サードパーティの開発者にプラットフォームを開放した。「Dfinity」創業者兼チーフサイエンティストのドミ...
リップル

DeFiプロジェクト0x、分散型取引所「Matcha(抹茶)」をローンチ

ユーザーフレンドリーな分散型取引所へ分散型取引所のインフラプロジェクト0xは、新たな仮想通貨取引サービス「Matcha(抹茶)」をローンチした。複数の分散型取引所(DEX)から流動性を集めることで、利用者は市場で提供されているベストプライス...
リップル

仮想通貨ビットコイン支持者必見 世界の中銀の利下げ一覧表が話題に

 仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)の支持者は、世界のほぼ全ての中央銀行による金融政策を注視している。コンパウンド・キャピタル・アドバイザーズ(Compound Capital Advisors)のCEOであるチャーリー・ビレロ氏に...
リップル

米ビットコインファンド、200億円超の資金調達完了

NYDIGが1.9億ドルを調達米投資ファンド「New York Digital Investment Group(NYDIG)」が、新たなビットコイン(BTC)ファンドを運用するために、1.9億ドル(約204億円)を調達したことが米証券取引...
リップル

コスモスやポルカドット、テラの主要ブロックチェーン3社が共同で新分散型金融(DeFi)商品を開始

 7月6日に開催されたカンファレンスで、ブロックチェーン間取引を可能にする「コスモス(Cosmos)」と「ポルカドット(Polkadot)」、ステーブルコインプロジェクト「テラ(Terra)」の3者はステーブルコインのデポジットに金利を提供...
リップル

不正会計のワイヤーカード、活動再開で仮想通貨カード発行も許可

 ドイツの決済大手ワイヤーカード(Wirecard)が20億ドル以上の準備金を虚偽報告しライセンスが一時停止されていた問題で、英規制当局の金融行為監督機構(FCA)は29日、ワイヤーカード子会社でニューカッスル拠点のワイヤーカードソリューシ...
リップル

カルダノ(ADA)の次期大型アップグレード「Shelley」、メインネットでノード稼働へ

メインネットでノード稼働へ仮想通貨カルダノ(ADA)の次期大型アップグレード「Shelley(シェリー)」について、開発における最新の進捗状況が発表された。Shelleyのパブリックテストネットで1週間以上問題なくノードが稼働したため、すで...
リップル

日本暗号資産市場社がERC20仕様のステーブルコインを発行へ

 日本暗号資産市場社は30日、今年中にもステーブルコイン「ICHIBAコイン」を発行する予定であると発表した。ティッカーはICB。発行するコインはERC20型で前払式支払手段となる。法的に事業者用自家型前払式支払手段となり通貨建のため、仮想...
リップル

中国の北京政府、ブロックチェーン導入を加速 2022年までの行動計画を発表

北京政府がブロックチェーン導入を加速中国の北京政府が、今後2年間でブロックチェーン技術の導入を加速させる計画を立てたことが分かった。北京政府は2020年から2022年の行動計画を策定。この2年間で中国でブロックチェーンを完全導入する初めての...
タイトルとURLをコピーしました