リップル

リップル

暗号資産の「ラグプル」とは【基礎知識】

暗号資産(仮想通貨)のラグプルは、嘆かわしいことだが、よく見られるものであり、暗号資産投資家に数十億ドルの損失をもたらしている。ここでは、暗号資産のラグプルとは何か? その仕組みは? を解説し、さらにラグプルを見極め、回避する方法を解説する...
リップル

ビットコイン750万円台も視野に!?強気相場を後押しする2つの要素とは?

ビットコイン(BTC)価格は一時的に38,500ドル(約574万8,000円)レベルに下落した後、再び強気の推力を取り戻して45,300ドル(約676万3,000円)を超えました。現在25ヶ月ぶりの高値49,000ドル(約731万6,000...
リップル

ビットコイン現物ETFは金ETFよりも優れている=コア・サイエンティフィック創業者

コアサイエンティフィックやブロックキャップなど、複数のブロックチェーン企業の創設者であるダリン・ファインスタイン氏はコインテレグラフに対し、ビットコイン現物ETFの登場は米国市場の従来の投資家にとって、これまでにない特徴を持つ革新的な投資ツ...
リップル

●●では暗号資産犯罪は終身刑の可能性も──新消費者保護法が7月に施行

韓国の規制当局は2月7日、今年7月に新しい消費者保護法が施行されると、暗号資産に関連する犯罪者は終身刑に処される可能性があると述べた。韓国の金融規制当局である金融委員会(FSC)は昨年12月、仮想資産利用者保護法と呼ばれる消費者保護の枠組み...
リップル

Ronin上場めぐる投資のインサイダー疑惑を受け、バイナンスが「臨時対応」を発表

上場発表直後にRONIN急落大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)は、インサイダー取引をめぐる新たな対応策を発表した。これは、新規上場した仮想通貨Ronin(RON)が上場発表前に高騰し、上場発表直後に急落したことを受け、...
リップル

ビットコインは2024年内に最高値更新も、半減期後に事実売り=アナリスト

ビットコインは2024年に史上最高値更新を達成する可能性があるとされている。しかし、半減期によって、強気派がまず損失を被るかもしれないという指摘がでている。仮想通貨トレード情報を提供する「DecenTrader」は2月2日発表の市場分析レポ...
リップル

アーク・インベスト 2024年ビットコイン市場は「強気相場の初期段階」

昨年のビットコイン最適配分は19.4%アーク・インベストメント・マネジメント(ARK Invest)は、その年次レポート「ビッグ・アイデア2024」において、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に対する強い期待を示している。キャシー・...
リップル

仮想通貨(暗号資産)のエアドロップは詐欺や悪?ICOと比較して評価してみた

仮想通貨のエアドロップ(Airdrop)とは?仮想通貨のエアドロップとは、「プロジェクトやプラットフォームを利用していたユーザー、またはそれに関連するプロダクトのユーザーに対して新規発行したトークンを付与すること」を指します。エアドロップの...
リップル

ビットコイン、MVRV指標から●万ドル到達の可能性

最新の調査によると、ビットコイン(BTC)は古典的な強気相場のシグナルを発信しており、「急騰」の可能性が高まっているという。1月30日、著名コメンテーターのアリ氏は、強気のビットコイン価格指標が再び現れていると指摘した。MVRVから価格変動...
リップル

なぜ、まだ多くの人は「ビットコインは終わる」と考えるのか

「普通の人」と暗号資産(仮想通貨)マニアの間に理解の差があることの証拠がもっと欲しければ、先日、ドイツ銀行が2000人の個人顧客を対象に行った調査結果を見ればよい。最も驚くべき結果は、回答者の3分の1が年末までにビットコインが2万ドル(約2...
リップル

★後2日で価格上昇!ビットコインのブロックチェーン上での世界初のICO

画期的なプロジェクトであるビットコインドック(Bitcoin Dogs)は先日、その立ち上げと、ビットコインのブロックチェーン上での世界初のICOとなることを発表した。来週にはプレセールの開始予定で、この新しいプロジェクトはその斬新なアプロ...
リップル

バイナンスの市場シェア、米司法省との和解から数ヶ月で●●

仮想通貨取引所バイナンスは、米国司法省に43億ドルの罰金を支払ってから数か月で、取引量のマーケットシェアが回復し始めている。仮想通貨調査会社カイコのデータによると、バイナンスの取引量シェアは米国の規制当局との訴訟を和解してから2ヶ月で49%...
リップル

三菱UFJ信託、Progmat、STANDAGE、Gincoが国産ステーブルコインの貿易決済活用で共同検討を開始

国産ステーブルコインの貿易決済活用を検討三菱UFJ信託銀行株式会社、Progmat, Inc.、株式会社STANDAGE、株式会社Gincoは、国内発行の「国産ステーブルコイン」を活用した貿易決済システムの実用化に向けて共同検討を開始した。...
リップル

メタマスクで仮想通貨NEARの使用を可能に、「Snap」実装で

NEARプロトコルがメタマスク互換性獲得NEARプロトコルは25日、広く使用されている暗号資産ウォレット「メタマスク」との連携を発表した。この連携により、メタマスクでNEARプロトコルの様々な機能に直接アクセスできるようになった。メタマスク...
リップル

ポリゴン 2023年にイーサリアムとほぼ同じユーザーを獲得=レポート

ブロックチェーン分析会社フリップサイドによると、レイヤー2のスケーリングネットワークであるポリゴンは、2023年にイーサリアムとほぼ同数の仮想通貨ユーザーを獲得した。イーサリアムのスケーリングソリューションであるポリゴンは、2023年に15...
リップル

イギリス政府、デジタルポンドはプライバシー保護と資金管理を提供すると発表

イギリス政府は、デジタルポンドに関する将来的な法律がプライバシー保護と資金管理を提供することを保証すると、1月25日に行われたコンサルテーションへの回答で述べた。中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する協議は、イギリス財務省がイングランド銀...
リップル

国際決済銀行、新たなトークン化プロジェクトを発表 

約束手形のトークン化国際決済銀行イノベーションハブ(BISIH)は23日、2024年に取り組む6つの新規事業計画の第一弾を発表した。計画には、サイバーセキュリティ、金融犯罪対策、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、グリーンファイナンスに関する...
リップル

イーサリアムからスイ、ソラナへ 流動性シフトとDeFiの最新トレンド

市場トレンドへの迅速な適応:「メタ」戦略の理解過去1ヶ月で、仮想通貨・ブロックチェーンイーサリアム(ETH)から大量の資金がスイ(SUI)とソラナ(SOL)に移動している。これは、Wormhole(クリプトブリッジプロトコル)のデータによる...
リップル

トークン化は、従来と「同じプロセス、同じルール」に従うべきか【ダボス会議】

ダボス会議に触れずに乗り切りたいと思っていた。ダボス会議は重要性を失っているのみならず、年々退屈になっているからだ。しかし、そうした手厳しい判断は不公平かもしれない。世界のエリートが集まるダボス会議の意図は、究極の「インフルエンサー」たちを...
リップル

5月までにイーサリアムETFが承認される可能性は●●%以下:JPモルガン

アーク21シェアーズ(Ark 21Shares)のスポット型イーサリアム(ETH)上場投資信託(ETF)が5月23日までに承認されるという楽観的な見方が市場に広がっている。しかし、JPモルガン(JPMorgan)によると、アメリカ証券取引委...
リップル

メタバース 犯罪捜査において有効なツールになる=インタポールが報告書

国際警察機構(インターポール)のメタバース専門家グループが発表したホワイトペーパーによると、メタバースプラットフォームは法執行機関の訓練や犯罪現場の保存、分析に有用なツールとなり得る。インターポールが公開した研究報告書は、メタバースの多面的...
リップル

ビットコイン1,700万円突破後に訪れる大恐慌、著名エコノミストの大胆予測

著名なマクロ経済エコノミストのヘンリック・ゼバーグ(Henrik Zeberg)氏は、ビットコイン(BTC)が11万5,000ドル(約1,707万円)あるいは15万ドル(約2,226万円)にまで高騰するという予測をXに投稿しました。ただし氏...
リップル

ビットコインETFの運用資産残高、すでに●ETFを大きく上回る

銀は数十億年前から存在していた。ビットコインの歴史はまだ15年だが、アメリカのETF(上場投資信託)市場ですでに大きな存在となっている。ビットコインETFは先週、米証券取引委員会(SEC)が承認した時点で運用資産残高が銀ETFを上回っていた...
リップル

ソラナのDEXアグリゲーター「ジュピター」が急成長 独自通貨のエアドロップも

レイヤー1ブロックチェーンであるソラナ上で最大のDEX(分散型取引所)アグリゲーター「ジュピター」の取引高が急成長している。ジュピターの昨年12月の取引高は約2兆2000億円だった。同年10月が1400億円だったことから考えると大幅な躍進だ...
リップル

ファイルコイン財団、IPFSによる地球ー宇宙間のファイル転送を成功|ロッキード・マーティンと協力

ダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)で、コインテレグラフは、ファイルコイン財団の議長であるマルタ・ベルチャー氏と、同財団の宇宙通信における分散型技術の活用に向けた取り組みについて話を聞いた。1月16日、ファイルコイン財団は、宇宙通...
リップル

次回ビットコイン半減期後のマイナー損益分岐点は1BTC=●0000ドル|CoinSharesレポート

半減期がマイナーに与える影響暗号資産(仮想通貨)投資企業CoinSharesは、株式上場しているマイニング企業および非公開マイナーの財務諸表を分析したところ、次の半減期後のビットコイン生産コストと収益性を分析したレポートを発表した。採掘報酬...
リップル

2024年、「暗号資産の夏」がやってくる。今回は違う。

過去の私の未来予測を振り返ってみると多くの希望的観測を表明していたことは明らかだ。かつて、誘惑以外には何でも抵抗できると言ったオスカー・ワイルドのように、私は未来に関することでない限り、何でも予測できる。その年に何が起こるかについて、私の予...
リップル

現物型ビットコインETF 個人投資家にとっては良い選択肢となるか?

米国で初の現物型ビットコイン上場投資信託(ETF)が承認され、数十億ドル規模の機関投資家資金が市場に流入すると予想されている。2024年1月11日の取引初日には、現物型ビットコインETF10種の総取引高が45億ドルを超えた。グレイスケール・...
リップル

誰も語らないビットコインETF最大の脅威

ビットコインETF承認を世界中の多くの人たちと待っていたとき、あることが気がかりだった。すなわち、フィデリティ(Fidelity)とヴァンエック(VanEck)などのひと握りの例外を除いて、ビットコインETFの申請者はほぼすべて、カストディ...
リップル

「ビットコインは2030年までに●●円超まで上昇する可能性がある」米ARKのウッドCEO

ビットコイン価格の見通し米国で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の現物ETFを上場する承認を得たARK Investのキャシー・ウッドCEOは11日、米CNBCの「Squawk Box」に出演し、ビットコイン価格の今後の見通しを改め...
タイトルとURLをコピーしました